トップページ > 能登旅行 > 座主家住宅 都道府県:石川県
    外観のみ見学できる座主家住宅   訪問日:2014年8月15日

ずっとトイレを我慢している晴女さん。座主家に向かう途中、道の駅を発見。
かなりトイレを我慢していたらしく、道の駅に寄り、一目散にトイレへ行きます。
スッキリした後、売店を見学し、自分たち用のお土産を買って、再び座主家を目指します。


 ◆ 現存する最古の口能登型民家
座主家
座主家住宅(1735年築 国重文)
読み方は『ざす』
1716~1735年に建てられた、能登の入り口で多く見られた
口能登型と言われる民家。
柱はかんなを使っていないという特徴がります。
国の重要文化財に指定されています。


 ◆ 道の駅で一休み
なかじまロマン峠
道の駅なかじまロマン峠
能登のいも
美味しそうだった能登のいもを購入

座主家は外観のみ見学が可能でした。それなのに、専用の駐車場が完備されていることに驚いた晴女さん。
やはり見に来る人が多いのでしょうか?
続いては来るときに見つけた『藤瀬霊水公園』に寄ってみようと思います。



 ◆ メモ
 住所:石川県七尾市中島町藤瀬4-17
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:5分

 アクセス:のと鉄道 中島駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:無
2016年4月24日現在


415号線 明治の館(室木家)
 TOP MAIL
藤瀬の水


世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
旅行するなら、世界最大の旅行サイト、トリップアドバイザーで事前チェック!