トップページ > 山形旅行 > 歌懸稲荷神社 都道府県:山形県
    山形城の土塁が残る歌懸稲荷神社   訪問日:2015年8月15日

山形駅近くにある神社。大通り沿いにあり右折で入ることが出来ない。
ちょうど神社前を通ったので、予定を変更して寄ることにしました。


 ◆ 南北朝時代から山形城の守り神として崇められてきました
歌懸稲荷神社
歌懸稲荷神社
南北朝時代、斯波兼頼が山形城の守り神として建立した神社。
斯波兼頼はその後、最上姓を名乗り最上氏の祖となりました。
代々最上家当主の信仰が厚く、保護されてきました。
しかし江戸時代に入り、最上家が改易され鳥居家が城主となると神社が三の丸の外(現在地)に移り、現在に至っています。

山形 歌縣稲荷神社
境内はいたって普通の神社
土塁
社殿の奥に土塁を発見
商の神
商の神(?)が祀られていました
山形城 土塁
雨男さんは神社の外側からも土塁をチェックします

土塁を見て何が楽しいのか、さっぱりわからない晴女さん。
反面、雨男さんは表裏から土塁を見て満足したようです。



 ◆ メモ
 住所:山形県山形市十日町1-1-26
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:15分

 アクセス:JR山形新幹線、奥羽本線 山形駅から徒歩10分
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2016年10月9日現在


415号線 常念寺(山形市)
 TOP MAIL
光禅寺(山形市)


Yahoo!トラベル
人気スポットをめぐる旅、旬の味覚を楽しむ旅など豊富なラインアップ。