トップページ > 松阪旅行 > 津観音 都道府県:三重県
    日本三観音の1つ、津観音   訪問日:2014年5月5日

日本三観音に数えられる津観音にやってきました。
駐車場入り口を探すのに境内周辺をうろついてしまいましたが、無事に境内の駐車場に到着。
境内はかなり広く、建物も散らばっており、開放的な感じがします。


 ◆ 朱色一色のお堂は圧巻です
津観音
津観音
創建は709年。焼失や復興を繰り返し、江戸時代に津藩主となった藤堂高虎津城の鬼門として、再建に大きな貢献をしました。
その後、徳川幕府の庇護を受け、市民に親しまれていましたが、戦災でお堂はすべて焼失し、近年に再建されたものです。
幸いにも絵画や仏像が多く残っており、文化財に指定されています。
三重県で2番目の参拝客が多い寺院です。

仁王門
仁王門
撫で石
仁王門にある撫で石を撫でる晴女さん
日本三観音
中が解放されている本堂
五重塔
木造で再建された五重塔
鐘楼
鐘楼
江戸時代作
大きな梵鐘(江戸時代作)と同じ形をする晴女さん

これくらいの広さならトイレがあるだろうと思っていましたが、見つかりませんでした(本当に無かったかどうかは不明です)。
晴女さんはトイレを我慢しながらの観光。広い境内の割に、短い観光時間となってしまいました。
この後はこの旅行最後の観光地で、三重県参拝客No1の専修寺に向かいます。

ファセット ペーパークラフト 復元 津城 1/300スケール(17)

価格:864円
(2018/3/9 11:46時点)

知識ゼロからのお寺と仏像入門 [ 瓜生中 ]

価格:1,404円
(2018/3/9 11:47時点)
感想(4件)



 ◆ メモ
 住所:三重県津市大門32-19
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:20分

 アクセス:JR駅から徒歩分バスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:無
国内ダイナミックパッケージのことならTRIPSTAR津観音 滞在時間
2016年3月11日現在


415号線 四天王寺(津市)
 TOP MAIL
専修寺(津市)


スーツケース・旅行用品トラベラーストア夫婦旅行
キャリーバッグや旅行グッズの専門サイト トラベラーストア