トップページ > 岡崎旅行 > 豊川稲荷(その弐) 都道府県:愛知県
    日本三大稲荷の1つ、豊川稲荷(その弐)   訪問日…2011年9月19日

豊川稲荷の本堂と、その奥にある奥の院を見学します。
本堂までは空も見渡せ、開けたところですが、奥の院に入ると木々に囲まれた空間になります。


 ◆ 大きな本堂前で三大稲荷のご利益をもらいます
豊楽殿
鳥居前の豊楽殿(1824年築)をチェックし
豊川稲荷 鳥居
大きな鳥居の先の本堂へ
豊川稲荷本堂
1930年築の大きな本堂
キツネ
お寺だけれど、稲荷だけにキツネが鎮座していました
灯籠
本堂前の灯籠は年季が入っていて古そう
豊川稲荷奥の院
本堂横の道から奥の院に続きます


 ◆ 奥の院にも見どころがたくさん
宝雲殿
宝雲殿
コンパクトな五重塔
コンパクトな五重塔
まんべんな笑顔
なぜかまんべんな笑みを浮かべる晴女さん
禅堂
禅堂(1863年築)
奥の院
奥の院(1814年築)
霊狐塚
豊川稲荷の(雨男さんの)メインスポット霊狐塚
狐 稲荷
ズラリと並ぶキツネの光景は圧巻です
霊狐塚 鳥居
晴女さんを探せ
景雲門
景雲門(1858年築)でこの旅行、最後の恒例写真
妙厳寺庭園
妙厳寺庭園(国の名勝)もお忘れなく

寺寶館 境内に比べ、奥の院まで来る人は少ないみたい。
キツネがズラリと並ぶ光景は、『これぞ稲荷』という感じがするのにもったいないと思う雨男さん。豊川稲荷に来たらぜひとも奥の院まで見てもらいたいものです。

最後に有料の寺寶館を見学。
寺寶…という名前から、やっぱりお寺だったんだなと感じます。
武具や掛け軸などの文化財が多く展示されていました。

ヤマサちくわ 特製ちくわ 5本入

価格:710円
(2018/5/24 10:49時点)
感想(5件)

豊川稲荷【電子書籍】

価格:540円
(2018/5/24 10:49時点)



 ◆ メモ
 住所…愛知県豊川市豊川町1
 開場時間…なし(寺寶館 9:00〜16:00)
 入場料…なし(寺寶館 400円)
 滞在時間…1時間30分

 お土産…ちくわキティ、稲荷キティのハンドタオル、いなりん人形
       ヤマサのちくわ

 アクセス…JR飯田線 豊川駅から徒歩5分
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有
2014年10月8日現在


415号線 豊川稲荷(その壱)
 TOP MAIL
おきつね本舗


Yahoo!トラベル
人気スポットをめぐる旅、旬の味覚を楽しむ旅など豊富なラインアップ。