トップページ > 京都・奈良旅行 > 東大寺(その参)  都道府県:奈良県
  奈良の大仏がいる東大寺(その参) ※全4回   訪問日…2009年5月4日
大仏殿を後にし、大仏殿の東側のエリア(法華堂などがある場所)を見学します。
ここから先は、お互い修学旅行で訪れなかった初めての場所です。

 ◆ 大きな鳥居がある参道を寄り道しながら歩きます
手向山神社 鳥居 手向山八幡宮の鳥居と参道。
この参道を真っ直ぐ行くと、手向山八幡宮法華堂などがあるが、参道沿いにも見どころが満載なのです。

寄り道しながら法華堂を目指します。
金色の七重塔
日本万国博覧会の時に再建された金色の七重塔
日本万国博覧会は1970年に大阪で行われた博覧会。
人類の進歩と調和をテーマに77ヶ国が参加した、
日本で最初の国際博覧会なのだ(アジア初)。

岡本太郎作の太陽の塔は今も有名です。

岡本太郎 コレクション2 太陽の塔

価格:5,399円
(2018/4/10 11:30時点)



 ◆ 大迫力の大きな鐘楼
東大寺 鐘桜
貫禄ある鐘桜(国宝)を発見!
東大寺創建当初の梵鐘で日本三名鐘の1つ。高さ4メートル、重さ27トンもある巨大な鐘だ。
東大寺 梵鐘
梵鐘(752年作 国宝)
日本三名鐘
下から見る圧迫感がすごい…


 ◆ 鐘桜の周りにある建物たち
東大寺 俊乗堂
俊乗堂(1704年築)
堂内に重源上人坐像(国宝)が安置されています
(7月5日に特別公開されているとか)
東大寺 念仏堂
念仏堂(鎌倉時代築 国重文)
堂内に地蔵菩薩坐像(鎌倉時代築 国重文)を安置
東大寺 行基堂
行基堂
東大寺の創建に貢献した行基の肖像を安置しているお堂
社寺めぐり  ◆ 行基って誰?
行基(668〜749年)は奈良時代の僧。
仏教の布教が禁じられた時代に、禁を破り、民衆に布教し続けた人。
また、社寺を多く建て、貧困者のための社会事業を各地で行いました。
朝廷からは弾圧されたが、民衆から圧倒的な支持を得て、最終的に大僧正として東大寺の創建者となった偉いお坊さんです。

お寺巡りをしていると、たびたびこの人の名前を聞きます。

例…竹林寺油山寺法蔵寺などなど


民衆の導者行基 (日本の名僧) [ 速水侑 ]

価格:2,808円
(2018/4/10 11:31時点)

週刊 マンガ日本史 改訂版 7号 行基

価格:500円
(2018/4/10 11:31時点)


 ◆ 紅葉で有名な手向山神社(八幡宮)
手向山神社
手向山神社本殿(鎌倉時代築 国重文)
手向山は紅葉の名所と知られ、手向山神社は東大寺の守護神として勧請されました。

創建以来、東大寺に属し、鎮守社とされてきましたが、明治の神仏分離の際に東大寺から独立しました。


 ◆ 三月堂こと法華堂は必見!!
法華堂
法華堂(三月堂)(鎌倉時代築 国宝)
三月堂
法華堂側面
法華堂内は1人500円。

不空羂索観音像(国宝)を筆頭に11体の国宝
4体の国重文、計16体の仏像が所狭しと並んでいます。

静寂の中、凛とした姿で並んでいる光景は時間が止まったようです。
眺めているだけで心が落ち着き、心が洗われた気がしました。

16体のポストカードを買わなかったのが悔やまれる…
まだまだ東大寺見学はつづきます…

桶狭間 東大寺
(その弐)
トップ Mail
東大寺
(その四)
今川義元