トップページ > 京都・奈良旅行 > 東大寺(その弐) 都道府県:奈良県
  奈良の大仏がいる東大寺(その弐) ※全4回   訪問日…2009年5月4日
いよいよ大仏がいる大仏殿の中に入ります。
大仏の印象しかなかった大仏殿には、大仏の他に何があるのでしょうか?

 ◆ 大仏殿の中をじっくり見学!
東大寺 大仏殿
 大仏殿(金堂)(1691年築 国宝)
江戸時代に再建された大仏殿は、創建当初に比べ4分の3に縮小されているが、世界最大級の木造建物なのだ
奈良の大仏 大仏(1709年造 国宝)

正式名称は東大寺盧舎那仏像
過去に2回焼失しているが、その都度再興され、現在のものは3代目。
とはいえ、ゼロから造ったわけではありません。都度補修した形らしく、一部分に創建当時のものが残っているそうな。
高さ約15メートルで銅製。

記憶に残っている印象より小さく感じました。
晴女さん、雨男さん共に思った感想です。
中学生のころ見た記憶が強烈すぎたのでしょうか…
 ◆ 大仏の左右に安置されている2体の仏像 
大仏殿の仏像
虚空蔵菩薩坐像(1752年造 国重文)
如意輪観音菩薩坐像
如意輪観音菩薩坐像(1738年像 国重文)
大仏が銅製なのに対し、こちらは木で造られています。約30年の歳月をかけて造られたもので、
江戸時代を代表する仏教彫刻です。
 ◆ 大仏(仏教)を守護する四天王も…!? 
   四天王とは仏教における4人の守護神(多聞天、広目天、持国天、増長天)のこと。寿命は500歳らしい。 
広目天像
広目天像
多聞天像
多聞天像
   持国天増長天はこんな姿で…   
  四天王 頭だけ完成して今に至っているとか。

ちなみに
持国天が東を護る守護神
広目天が西を護る守護神
増長天が南を護る守護神
多聞天が北を護る守護神

となっています。
 
大仏の支柱
先代の大仏殿を支えていた柱
東大寺 仏像
大仏殿前にいる坐像


奈良の大仏新装版 世界最大の鋳造仏 (日本人はどのように建造物をつくってきたか) [ 香取忠彦 ]

価格:1,728円
(2018/4/10 11:23時点)

仏像探訪(第4号) 奈良至宝の仏像めぐり (エイムック)

価格:1,188円
(2018/4/10 11:23時点)


 ◆ 私たちにぴったりのお守りを発見!
旅行安全お守り
大仏殿内の売店で良いお守りを発見!

私たちにぴったりな『旅行安全御守り』が売っていたのだ。さっそく購入し、晴女さんの旅行カバンに付けました。

また晴女さんの名前の字の『幸』が入っている『幸守り』も買いました。これは携帯電話に付けます。

もちろんご当地キティも購入。
奈良の大仏キティ
奈良の大仏キティ
鹿キティ
鹿キティ
大仏の印象しかなかった大仏殿。じっくり見ると色んな見どころがあるんですね(お土産もたくさん売っていたし)。
改めて来てみて良かったと思いました。

このあとは修学旅行では行かなかった法華堂(三月堂)方面を見学します。

桶狭間 東大寺
(その壱)
トップ Mail
東大寺
(その参)
今川義元