トップページ > 山形旅行 > 鳥越八幡神社 都道府県:山形県
    源頼朝も立ち寄ったと推測される鳥越八幡神社   訪問日:2015年8月14日

この日最後の観光地です。周りは木々に囲まれているので、迷うことなく到着しました。
お目当ては国重文の拝殿と本殿です。広くなさそうなので、楽に見学出来そうです。


 ◆ 市内最古の建築物です
鳥越八幡社
鳥越八幡社
1229年、鳥越義宣鶴岡八幡宮を勧請して創建されました。
当時、奥州街道沿いにあり、源義経の東下りの経路にもあたっていました。
江戸時代に入り、新庄藩初代藩主の養子戸沢定盛が神威を感じ、現在の地に社殿を建立しました。その社殿が現存し、国重文に指定されています。

国重文
拝殿(1691年築 国重文)
本殿
市内最古の建築物、本殿(1638年築 国重文)

お目当ては本殿と拝殿のみ。神社自体も広くなく、森の中に文化財が建っているという感じでした。
10分も経たないうちに見学は終了。これで旅行3日目の観光が終了しました。



 ◆ メモ
 住所:山形県新庄市鳥越1224
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:10分

 アクセス:JR山形新幹線、奥羽本線他 新庄駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2016年9月28日現在


415号線 新庄城
 TOP MAIL
尾花沢


クラブツーリズム
添乗員付きツアーや仲間と楽しむテーマの旅などオリジナリティの高いツアーを数多く提供!