トップページ > 安土旅行 > 天寧寺(彦根市) 都道府県:滋賀県
    リベンジ訪問の天寧寺   訪問日:2013年5月6日

前回、彦根に来た時に行きそびれた天寧寺。リベンジです。
大通りを曲がらないといけないのですが、これがわかりづらい。道沿いに看板があるのですが、気付かず1回Uターンして、何とか曲がれました。境内入口には広い駐車場があり、この旅行最後の観光に向かいます。


 ◆ 本尊や500羅漢あわせて527体が安置されています
500羅漢
天寧寺500羅漢
1822年、井伊直弼の父で彦根藩主井伊直中が、自分の過失で手打ちにした腰元と孫を弔うために創建したお寺。
500羅漢や井伊直弼供養塔があるお寺で有名です。

羅漢堂
羅漢堂(1811年築)
天寧寺
本堂(1828年築)
五百羅漢
撮影OKな500羅漢
1体1体の表情
500羅漢の見どころは1体1体の表情です
布袋尊
羅漢堂裏にいた布袋尊
表情
この表情と色合いが強烈に印象に残っています
井伊直弼供養塔
井伊直弼供養塔
彦根城
境内から彦根城が見えました


 ◆ 井伊直弼の腹心、長野主膳のお墓も必見
長野主膳 墓 井伊直弼の腹心として活躍した長野主膳。
その行動から直弼の次に恨まれる存在となってしまいます。
直弼の死後、後を継いだ井伊直憲や家老から疎まれ、打ち首になった人です。
その死は直弼の失敗の全責任を負わせることにしたため、官軍にいち早く加わることが出来たと言われています。

これで4泊5日の安土旅行が終了。中身が濃く、よく階段や坂道を上った旅行になりました。
日本100名城スタンプラリーを50個達成し、ここからが折り返しとなります。

滋賀観光ガイドブック【1000円以上送料無料】

価格:3,024円
(2018/2/6 11:14時点)

御朱印帳 丸紋七宝 水 かわいい朱印帳 蛇腹

価格:777円
(2018/2/6 11:15時点)
感想(50件)



 ◆ メモ
 住所:滋賀県彦根市里根町232
 開場時間:9;00~17:00
 入場料:本堂内(500羅漢) 400円
 滞在時間:20分

 アクセス:JR琵琶湖線 彦根駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
セコム スーパーレスキュー天寧寺 滞在時間
2015年9月6日現在


415号線 多賀大社
 TOP MAIL
海老名SA


国内ダイナミックパッケージの予約ならTRIP STAR井伊直弼 父
航空券・ホテル・国内出張・海外出張のことならこちらをクリック!