トップページ > 日光旅行 > 田母沢御用邸  都道府県:栃木県
  大正天皇の静養所として使用された田母沢御用邸   訪問日…2009年7月19日
日光東照宮(の駐車場)から車で、国道120号線を西方面へ走らせること約5分。
田母沢御用邸記念公園にやってきました。駐車場は120号線を挟んだ向かい側に有料駐車場があります。

 ◆ 高貴な雰囲気漂う田母沢御用邸
田母沢御用邸記念公園
田母沢御用邸は江戸時代後期の屋敷を明治、大正時代に改修し、1921年(大正10年)現在の規模になりました。大正天皇をはじめとした皇室の方も利用された御用邸です。
江戸・明治・大正の3時代の複合建築で、各時代の建築技術、皇室文化を見ることができます。
この時代の現存している御用邸で最大級の大きさを誇り、国の重要文化財に指定されています。
また『田母沢御用邸公園』として日本の歴史公園100選に選ばれています。


 ◆ 軽い気持ちで来たら大間違い? 部屋数106もある広い屋敷なのだ
田母沢御用邸
落ち着いた雰囲気の外観
日光田母沢御用邸
心がなごみます
渡り廊下
建物の下を通る渡り廊下
縁側
縁側で気品良く(?)記念撮影 

 ◆ 和洋が混在した気品あふれた部屋たち  
襖 表御食堂 ビリヤード
皇后御座所 日拝所 謁見所
 2階の部屋は立入り禁止の部分もあり、何処から入っていけないのか2人揃ってあたふたしていたら、
 係りの人に「ここは入っていいですよ」と言われてしまいました。はたから見ると変な姿だったのかも… 
休憩 とにかく広い!
部屋数がなんと106もあるのだ。
今、何処にいるのかさえ分からなくなってしまいます。

あまりの広さに椅子も設けられていました。
『お疲れの方はこちらの椅子をご利用ください』
と、書かれています。
もちろん椅子に座る晴女さんでした。
お風呂 木製トイレ
お風呂やトイレも上品
食事 再現
当時の食事も再現


 ◆ 大正天皇が謁見した部屋
天皇謁見所
何とも言えない高貴な雰囲気があります。和洋が混在しているのに違和感がないのもスゴイ

日光山探索のあと、軽い気持ちで入ったが、こんなに歩くとは…
歩き疲れてはいたが、独特な雰囲気を持つ御用邸は見応えがありました。
売店もあり、もちろんポストカードを購入。

これで日光見学が終了。本日の宿泊地、宇都宮方面へ向かいます。


 ◆ 地図&メモ
田母沢御用邸 アクセス
 住所…栃木県日光市本町8-27
 開場時間…9:00〜16:30
 入場料…500円

 お土産… ポストカード

 滞在時間…1時間弱
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有

桶狭間 新橋(日光)
トップ Mail
長岡百穴 今川義元

ENEOSカード
ガソリン代がお得になるドライバーに嬉しいカード