トップページ > 東北旅行 > 達谷窟毘沙門堂 都道府県:岩手県
    岸壁に建つ達谷窟毘沙門堂   訪問日…2009年8月15日
FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)風化
厳美渓で絶景を見たあとは、昨日見学できなかったところを見るため、再び平泉の地にやってきました。
まず訪れたのは達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわや びしゃもんどう)。県道31号線を走り、厳美渓と平泉中心地の中間くらいにあります。

 ◆ 岸壁にそびえ立つ毘沙門堂
達谷窟毘沙門堂
達谷窟毘沙門堂入口
801年、坂上田村麻呂が蝦夷討伐を記念して建てたと伝わっています。
平泉中心地から6kmほど離れており、東西150m、高さ35mの絶壁の下に建てられているのが特徴です。現在は達谷西光寺と言います。鎌倉時代、源頼朝も参拝したと伝わっています。
2011年、世界遺産の登録から外れてしまいましたが、2012年再び暫定リストに記載されています。


 ◆ 神聖な領域に入るには3つの鳥居をくぐります

鳥居 イラスト
境内は神聖な場所として喫煙・飲食・ペット同行が禁じられており、3つの鳥居が設けられています。
この鳥居をくぐると毘沙門堂が登場します。
お寺に鳥居ということはここは神仏習合ということだ。
神仏習合とは信仰と仏教信仰(つまり神社とお寺)が一緒くたになっていることを言います。ちょっと珍しい場所なのだ。
一の鳥居
1つ目の鳥居
二の鳥居
2つ目の鳥居
神仏習合
3つ目の鳥居


 ◆ いざ境内へ
達谷窟毘沙門堂 毘沙門堂(1961年再建)
初代毘沙門堂は801年に建てられたが焼失。2代目は1615年に伊達政宗が再建したが、こちらも1946年に焼失してしまい、現在のものは3代目。
断崖にそびえたつ長さ150mある長いお堂です。
たっこくのいわや毘沙門堂
正面から見るとこんな感じ
石燈籠
2008年の地震でで倒れたままの灯籠


 ◆ 岸壁に彫られた大きな大仏も必見
磨崖仏 毘沙門堂向かって左上の方に岸壁に大きな大仏が刻まれています。大日如来もしくは阿弥陀如来と言われる磨崖仏だ。
源義家前九年後三年の役で亡くなった人たちを供養するために彫ったと伝わっています。
胸から下の部分は昔の地震で崩れ、現在は頭部のみとなっています。頭部も風化などで保存状態がよくなく、徐々に消えかかってきているのだ。早めに見ておきたい史跡ですね。


 ◆ 達谷西光寺
姫侍不動堂
姫侍不動堂(平安時代後期築 岩手県指定文化財)
達谷西光寺 本堂
金堂
西光寺 鐘楼
1615年、伊達家が奉納した梵鐘も戦争に供出されてしまったそうです。
現在のものは戦後に造られた梵鐘。

岸壁に建つ毘沙門堂は絵になるし、岸壁に彫られた大仏もなかなかの迫力です。
他で見られない光景だからか、スケッチしている人もちらほらいました。目で見て楽しめる観光名所でした。
平泉⇔厳美渓の途中にあるので、この経路で行く人は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


 ◆ 地図&メモ
達谷窟毘沙門堂 アクセス
 住所…岩手県西磐井郡平泉町平泉字北沢16
 開場時間…8:00〜18:00(季節により様々)
 入場料…300円

 滞在時間…40分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有

奥州平泉 厳美渓
トップ Mail
柳之御所遺跡 みちのく旅行

JAL 国内線 赤ちゃんとの旅行をサポート!平安時代築
国内線航空券の予約・購入をはじめ、スケジュール照会、空席照会、運賃 案内などをサポート。先得割引などお得な割引運賃がご利用可能!
複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約
創業100余年の日本旅行が プロデュースする安心と信頼の国内旅行ブランド