トップページ > 福井旅行 > 武田耕雲斎の墓 都道府県:福井県
    天狗党の首領、武田耕雲斎の墓   訪問日…2010年8月14日

本日、最後の観光地は水戸藩士で天狗党の首領でもある武田耕雲斎のお墓参りです。
朝訪れた来迎寺の隣にある公園内に武田耕雲斎は眠っています。
案内板もあるので、迷わず着くと思います。


 ◆ 福井に眠る水戸藩士武田耕雲斎
武田耕雲斎
武田耕雲斎の墓(国の史跡)
武田耕雲斎(1803〜1865年)は水戸藩士跡部正続の子として生まれます。
跡部氏の祖先跡部勝資は武田信玄に仕えていたが『奸臣』と評されていたため、武田信玄の末裔を称して武田姓を名乗りました。
水戸藩主徳川斉昭に仕え、藤田東湖戸田忠太夫と共に活躍したことから
水戸の三田と称されます。
斉昭の死後、混乱を極めた水戸藩を収集しようと尽力しましたが、収まり切れず、藤田東湖の四男藤田小四郎が天狗党を旗揚げします。
小四郎に説得され、天狗党の領主にやむなく着いた武田耕雲斎
天狗党は斉昭の息子徳川慶喜を水戸藩主にすることを目的として旗揚げ。800名の士卒を率い、中山道を進んでいたところ、敦賀で幕府軍の追討を受け、降伏。
武田耕雲斎藤田小四郎この地で斬首されてしまいました。
武田耕雲斎は天狗党に参加した時点から死を覚悟していたらしい。

武田耕雲斎の墓
武田耕雲斎のお墓
左右に並んでいるのは水戸藩士のお墓だろうか
武田耕雲斎像
お墓前の武田耕雲斎像
像と同じ形をしている晴女さんもお馴染みの光景に

道路向かいにあるニシン蔵は天狗党が監禁されていた蔵だとか。
また朝訪れた来迎寺は350人を超える天狗党が斬首されたお寺です。お寺を見学中は、こんな近くに武田耕雲斎のお墓があるとは思いませんでしたが、天狗党ゆかりの史跡として、ここと来迎寺はセットで訪れたい場所でしょう。

これで福井旅行4日目の観光が終わりました。明日は最終日、半日だけ観光して家に帰ります。

水戸天狗党物語【電子書籍】[ 山口武秀 ]

価格:756円
(2018/5/10 09:55時点)

魔群の通過 天狗党叙事詩/山田風太郎【1000円以上送料無料】

価格:1,026円
(2018/5/10 09:56時点)



 ◆ 地図&メモ
武田耕雲斎 アクセス
 住所…福井県敦賀市松島町(松原公園内)
 開場時間…なし
 入場料…なし
 滞在時間…10分

 アクセス…JR北陸本線、小浜線 敦賀駅から徒歩25分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有


415号線 常宮神社
 TOP MAIL
晴明神社


来迎寺とセット[阪急交通社]登録無料★旅行メールマガジン「阪急たびマガ」読者大募集!
読者限定商品やネット限定商品の最新情報、新聞やホームページよりも一足早いメルマガ先行発売の商品をお届けいたします!