トップページ > 飛騨高山旅行 > 高山陣屋 都道府県:岐阜県
    全国で唯一、代官所が現存する高山陣屋   訪問日…2011年7月17日


本日の宿泊地、高山に到着。まず旅館にチェックインしてから高山の古い町並みを探索することにします。
雨男さんのおじいちゃんとおばあちゃんは買い物のみ。雨男さんと晴女さんは町並みの近くにある高山神社まで足を伸ばします。


 ◆ 江戸幕府直轄領、飛騨を治めていた代官所
高山陣屋
高山陣屋(国の史跡)
もともと金森氏が治める飛騨高山藩でしたが、1692年から明治維新まで幕府の直轄領になりました。
江戸から代官が派遣され、政務などを行っていたのが、ここ高山陣屋。
御役所、群代役宅、御蔵などの建物をまとめて高山陣屋と呼ばれています。
全国唯一の代官所が残る陣屋として高山の代表する観光スポットの1つです。

高山陣屋 表門
表門
表門前では陣屋朝市が催されています
高山陣屋 入口
靴を脱ぎ、中に入ろうとする晴女さん
後ろ姿にやる気が感じられません
陣屋 通路
役人がいたところでしょうか
通路を歩く
晴女さんは全く興味を示しません
高山 台所
台所を発見
大広間
1816年に改築された大広間
吟味所
刑事関係の取り調べを行っていた吟味所
屋内にあるのは珍しいとか
資料 展示
こちらの倉庫には
たくさんの資料が展示されていました

高山 ウナギ 屋内でちらほら見かけるウサギ。
このウサギには
『民の声をよく聞こう』
『子宝、災害除け』の意味が込められているそうです。

関所と屋敷が合体したような作りでした。川越御殿のような大広間。新居関所みたいな役人の場所、そして吟味所。
色々見どころがありましたが、一番印象に残っているのは、吟見所を熱心に見学していた中学生くらいの女の子。
この年代には珍しいくらい見入っていました。
この後は昼食&高山の町並みを探索します。
雨男さんの祖父母も一緒です。

飛騨そば

価格:700円
(2018/5/18 10:47時点)

「三嶋豆レトロ缶」"高山市推奨土産品"

価格:1,620円
(2018/5/18 10:47時点)



 ◆ メモ
 住所…岐阜県高山市八軒町1
 開場時間…8:45〜17:00
 入場料…430円
 滞在時間…45分

 お土産…

 アクセス…JR高山本線 高山駅から徒歩10分
 駐車場…近くにパーキング有

 トイレ…有
2014年7月3日現在


415号線 白川郷
 TOP MAIL
高山の町並み


高山 観光名所ホテル・旅館の口コミ人気ランキング【宿らん】
宿らんはホテルや旅館などの宿泊施設を、口コミをもとにしてランキング形式で紹介しているサイトです。