トップページ > 長野・山梨旅行 > 高島城  都道府県:長野県
  諏訪の浮城、高島城   訪問日…2008年7月20日 
長野・山梨旅行は2日目に突入。まずは諏訪湖湖畔にある高島城からスタートします。
諏訪の浮城 高島城
高島城は1598年、日根野高吉が1年の歳月をかけて築城したお城です。
メジャーな武将じゃないが、織田信長や豊臣秀吉に仕え、安土城や大阪城築城に携わっています。

高島城は『諏訪の浮城』と呼ばれ、かつては諏訪湖に突き出した水城でしたが、江戸時代初期に諏訪湖の干拓が行われ、水城の面影は失われてしまいました。
しかし、浮城という別名を持っていたことから日本三大湖城の1つに数えられています。(他は松代城と膳所城)


諏訪市役所の駐車場に車を止め、高島公園へ。
水堀沿いを歩きます。


歩いている時、前の方に年配までとはいかないが
夫婦が歩いていました。
夫が妻に「時間がないよ」みたいなことを言っています。
その声があまりにも大きかったのでビックリしました。

どうやらバスの時間を気にしていたらしい…
高島城 水堀
高島城 隅櫓 隅櫓 お茶会 角櫓(1970年再建)

定期的にお茶会が開催されているようです。

冠木橋&冠木門(1970年再建)

お城の雰囲気が十二分に出ている
お勧めスポット。

続日本100名城公式ガイドブック スタンプ帳つき (歴史群像シリーズ特別編集) [ 公益財団法人 日本城郭協会 ]

価格:1,728円
(2018/4/5 10:41時点)
感想(2件)

高島城 冠木橋 冠木門
庭園 門をくぐると庭園が広がります。
現在は高島公園として整備されています。
散歩
諏訪護国神社 諏訪護国神社

川渡門
川渡門
高島城天守閣
天守閣の中は資料館になっています。
復元だけあって、中は靴のままでOKでした。

嬉しいことに展示パネルが小冊子として売られていました。
旅行中は時間の関係とかもあり、じっくり読めない事もあるので、
これはありがたい一品です。
武具
天守閣から諏訪湖を望みます。

かつては諏訪湖の浮城と言われていましたが、
現在はかなり距離が出来てしまいました。

このあとはあの諏訪湖へ行ってみようと思います。
歩いて行こうかと思っていたが、
これだけ離れているとクルマで行った方がよさそうです。

高島城 周辺地図
メモ メモ
 住所…長野県諏訪市1-20-1
 開場時間…4〜9月  9:00〜17:00
        10〜3月 9:00〜16:30
 入場料…300円
 滞在時間…1時間弱


 駐車場…市役所の駐車場(無料)
 トイレ…有
→ 長野・山梨旅行TOPページへ
トップ Mail