トップページ > 川崎日帰り旅行2 > 高石神社 都道府県:神奈川県
    源頼朝が厄払いを行った高石神社   訪問日:2013年3月2日

続いては源頼朝ゆかりの神社へ。
坂道の途中に神社入口の鳥居があり、そこをくぐると駐車場があります。


 ◆ 3匹のカエルも見どころ
高石神社
高石神社
源頼朝が奥州へ向かうとき、道中の災い落とすため、厄を焼き払う神事を行ったと伝わっている神社です。
また境内にある池には「三匹の石蛙」がいて、腹の部分に「若」「銭」「福」が刻まれています。
文字の通り、不老・商売繁盛・福のご利益があると言われています。

鳥居
神社入口の大きな鳥居&石碑
厄焼落し
お目当ての厄焼落し
3匹のカエル
池の奥にいるのが3匹の石蛙
晴女
晴女さん蛙の腹には何て書かれているのでしょう?

住宅街にあるどこにでもありそうな神社。「厄焼落し」や「三匹の石蛙」の存在を知らないとまず観光には来ないでしょう。
「厄焼き落し」の神事はもちろん見られませんでしたが、その時に使うもの(と思われる)が見れて満足げな雨男さんでした。

源頼朝の真像 (角川選書) [ 黒田日出男 ]

価格:1,944円
(2018/6/14 10:10時点)

ご集印帳(ご朱印帳) 黒ねこ

価格:1,900円
(2018/6/14 10:11時点)
感想(4件)



 ◆ メモ
 住所:神奈川県川崎市麻生区高石1-31-1
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:10分

 アクセス:小田急線 百合ヶ丘駅から徒歩10分
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2015年6月19日現在


415号線 戒翁寺
 TOP MAIL
香林寺(川崎市)


国内旅行・国内ツアーのご予約・お問い合わせなら阪急交通社!オススメ旅情報も紹介!高石神社 滞在時間
『阪急交通社』あなたにピッタリの国内オススメ旅行!