トップページ > 東北旅行 > 高舘義経堂 都道府県:岩手県
    高舘義経堂   訪問日…2009年8月15日
平泉、最後の観光地は源義経最期の地と伝わる高舘義経堂(たかだち ぎけいどう)です。
毛越寺中尊寺の間にあり、高台に位置しています。ここ専用の駐車場も完備されているのだ。

 ◆ 地図&メモ
義経堂 アクセス
 住所…岩手県磐井郡平泉町平泉字柳御所14
 開場時間…4/5〜11/4 8:30〜16:30
         11/5〜4/4 8:30〜16:00
 入場料…200円

 お土産…ポストカード

 滞在時間…30分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有


 ◆ 源義経 終焉の地へ
高舘義経堂
高舘義経堂入口
券売所でポストカードも売っている
北上川
階段を上ると北上川が一望できる
衣川はここから少し北に行ったところにある
芭蕉句碑
階段を上り左に行くと芭蕉句碑がある
『夏草や 兵どもが 夢の跡』
頼三樹三郎
頼三樹三郎(幕末の儒学者)の詩碑
仁王像
頼三樹三郎詩碑近くの建物内にある仁王像
何処の仁王像なのかは不明のまま…
義経供養塔
源義経供養塔


置物 瑞穂 源義経公兜 合金(アルミダイキャスト)製・布団、木札付

価格:46,350円
(2018/4/13 11:19時点)

天馬、翔ける源義経(上) (集英社文庫) [ 安部龍太郎 ]

価格:864円
(2018/4/13 11:20時点)



 ◆ 更に階段を上ると義経堂がある
義経堂
高舘義経堂
源義経像 源義経が兄源頼朝に追われ、平泉に身を寄せた時に住んでいた館跡です。
しかし義経を庇護していた3代当主藤原秀衡が亡くなってしまいます。その後、清衡の息子泰衡が頼朝の圧迫に堪えかねてしまい、義経を急襲してしまいます。500人の兵に対し、義経郎党は僅か10数人。ことごとく郎党は討たれ、義経も妻と子と共にここで自害して果てました。

義経堂の中には1683年に仙台藩主伊達綱村公が造らせた義経の木造が安置されています。細部まで綿密に造られている義経像は必見です。

これで平泉観光が終了。延べ2日間で若干早足の観光となったがそれなりに要所は抑えられたはずです。
平泉は名所間の距離がそれなりにあるので、車の方が便利だと思いました。そのせいか名所ごとに駐車場も完備されていたのがよかったです。
当時は世界遺産登録前だったが、世界遺産に登録され、復元計画が実行されたらまた来たい場所です。

このあとは南下しつつ観光し、本日の宿泊地仙台を目指します。

奥州平泉 無量光院跡
トップ Mail
幽玄洞 みちのく旅行

常陸坊海尊≪国内/テーマのある旅特集!≫クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら
海外旅行、国内列車、飛行機の旅、バスツアー、テーマ旅行…お好みのツアーがきっと見つかります!
藤原泰衡[阪急交通社]登録無料★旅行メールマガジン「阪急たびマガ」読者大募集!
いち早くいいとこどりの海外・国内旅行、格安航空券、宿泊プランなどお得な情報をお届け!
義経像ニッポンレンタカー レンタカーの即時予約受付中!
ニッポンレンタカー ご利用の1時間前までネット予約ができます!