トップページ > 安土旅行 > 多賀大社 都道府県:滋賀県
    お多賀さんと呼ばれている多賀大社   訪問日:2013年5月6日

旅行最終日、朝一番で多賀大社にやってきました。
到着したのが7時半過ぎ。境内は自由に見学できるのだが、国の名勝の庭園が9時からなのです。
境内を見学し、時間をつぶします。しかしそれでも時間が余ってしまい、3km離れた多賀大社の石鳥居まで見に行ってしまいました。


 ◆ 数多くの戦国武将からも信仰がありました
多賀大社
多賀大社
いつ創建されたかは定かではありませんが、古事記に記載されていることから、それ以前から鎮座している神社です。
延命長寿や縁結びのご利益があり、武田信玄上杉謙信織田信長豊臣秀吉など多くの武将からからも信仰がありました。
「お多賀さん」の呼び名で古くから多くの人に親しまれています。

石鳥居
3km離れたところにある
石鳥居(1635年築 滋賀県指定文化財)
常夜灯
石鳥居脇にある常夜灯(1635年築 滋賀県指定文化財)
お多賀さん
こちらは境内入口の鳥居
そり橋
そり橋(多賀町指定文化財)と普通に立っている雨男さん
雨男さん
張り切って見学する雨男さん
つり鐘
この中につり鐘(1555年造 滋賀県指定文化財)があります
大釜
徳川幕府が奉納した大釜(左1638年 右1699年)
文庫
彦根藩と長州や土佐との連絡役にあたった人の家にあった文庫
山門
この旅行最後の恒例写真
多賀大社
拝殿本殿
延命そば
名物、延命そばは開店前でした
名勝
9時を過ぎ、やっと見られた国の名勝庭園


 ◆ 延命のご利益がある石
寿命石 寿命石

1180年、焼けてしまった東大寺の再建を命じられた重源という僧。
この時、61歳。
この大仕事を最後までやり遂げるため、多賀大社に7日間、無事完成するよう祈り続けました。
その後、重源は22年かけて無事に東大寺の再建を成し遂げました。
報恩のお礼に訪れた重源が境内の石に座り込み、眠るように亡くなったと伝わる石です。


 ◆ 多賀名物、糸切餅を買いました
糸切餅 境内前の売店は8時すぎなのに、もう開店しています。
朝一の観光にありがたい事です。

ここの名物と言われる糸切餅を買いました。
蒙古襲来時、お団子に蒙古軍の旗の青赤の線を引き、弓の弦で切って神前に供えたと言われているお餅です。
カラフルな見た目と違い、中に餡子が入っているシンプルで美味しい和菓子でした。

多賀大社 本殿【電子書籍】

価格:540円
(2018/2/6 11:13時点)

多賀大社 社頭【電子書籍】

価格:540円
(2018/2/6 11:13時点)



 ◆ メモ
 住所:滋賀県犬上郡多賀町多賀604
 開場時間:8:00~16:00
 入場料:庭園拝観 300円
 滞在時間:2時間弱

 お土産:糸切餅

 アクセス:近江鉄道多賀線 多賀大社前駅から徒歩10分
 駐車場:専用駐車場(無料)(有料もあるらしい)

 トイレ:有
2015年9月6日現在


415号線 河内風穴
 TOP MAIL
天寧寺(彦根市)


日本全国お宿探し!名鉄観光宿泊予約
全国のホテル・旅館が予約できる予約サイトです。見やすい画面で空室検索も簡単!らくらく予約!