トップページ > 静岡旅行 > 駿府城(その弐) 都道府県:静岡県
    家康、晩年の居城 駿府城(その弐)   訪問日…2010年3月21日

駿府城見学。後半は駿府城ならではの遺構を中心に見学します。
お互いの家康嫌いはここまできたか…と思うくらい100名城なのにテンションが上がりません。


 ◆ 復元された巽櫓と東御門
東御門 東御門橋と1つ目の門
駿府城の一角に復元された門と櫓があります。
ここが100名城スタンプ設置場所。外側から来ると、櫓入口を見落としてしまい、一瞬迷いました。
無事にスタンプを押し、櫓内を見学します。
駿府城 スタンプ
駿府城 東御門 東御門
二の丸の東側に位置する重要な出入口。
1つ目の門の奥には分厚い櫓門が設置されています。
門と門の間の空間は四角いエリアで侵入者を各方面から狙撃できる形になっています(枡形虎口)。
昔の伝統的工法で復元されたものです。
巽櫓 巽櫓(たつみ やぐら)
東御門とくっついているお城の東南角に設けられた櫓。
戦になった場合、ここが駿府城の拠点になる場所だったそうです。

櫓内
中は撮影OK
ただし家康が幽閉されていた部屋だけは撮影禁止でした
石落とし
恒例の石落とし
晴女さん恒例のカバン落としも必見


 ◆ 駿府城の必見ポイント、水路
水路
本丸の堀の水量を一定に保つための水路
底にも石が敷いてある珍しい遺構
水門
場外から水門も見れます
雨男さんが一番見たかった場所だそうな


 ◆ お城近くにある小さな石もお見逃しなく
御影石 横内御門跡近くにある謎の遺構
御影石といい、高さ80cm程の小さい石。
『松平〜信輝』と掘られています。意味は松平信輝が築いた…という内容だとか。

松平信輝(1660〜1725年)は父の後を継ぎ川越藩主となります。その後、下総古河藩の初代藩主となった武将です。武芸を尊び、知識も高かったみたいですが耳が遠かったそうです。

立派な100名城なのですが、2人とも家康嫌いというのと、駐車場事件があり、気分が乗らない観光となってしまいました。
公園専用の駐車場がなく、少し離れたところにパーキングがあるため、もう少しわかりやすいと助かるなと思いました。
このあとは巽櫓のパネルで気になった浅間神社へ行ってみます。

大御所徳川家康と駿府城公園 [ 田中省三(郷土史研究) ]

価格:1,543円
(2018/4/24 11:03時点)

日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ) [ 福代徹 ]

価格:1,620円
(2018/4/24 11:04時点)
感想(138件)



 ◆ 地図&メモ
駿府城 アクセス
 住所…静岡県静岡市葵区駿府公園1-1
 開場時間…なし(巽櫓 9:00〜16:30)
 入場料…なし(巽櫓 200円)
 滞在時間…1時間半

 アクセス…JR東海道新幹線、東海道本線
                   静岡駅から徒歩15分
        静鉄清水線 新静岡駅から徒歩10分
 駐車場…近くのパーキング

 トイレ…有


100名城めぐり 駿府城(その壱)
 TOP MAIL
静岡浅間神社


スーツケース・旅行用品トラベラーストア御影石
キャリーバッグや旅行グッズの専門サイト トラベラーストア