トップページ > 北関東旅行 > 菅谷館跡  都道府県:埼玉県
 鎌倉時代の御家人、畠山重忠公の館へ   訪問日…2008年5月5日
鉢形城から嵐山バイパスで川越市内へ向かう途中、カーナビで気になる史跡マークが。
通り道だし、時間が余っていたので、立ち寄ってみます。

しかし着くまでに色々ありました。駐車場がわからなくて交通整理のおじさんに聞いてみたり、
ここかなと思って入った場所が成人研修会館で、グルッと回って出てきたとか…そういうことがありました。
ようやく見つけて着いた時には、ちょっと感動しました。 
菅谷館跡 マップ
  メモ メモ
 住所…埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷757
 開場時間…なし(博物館は9:00〜17:00
 入場料…なし(博物館は100円)
 滞在時間…30分

 駐車場…専用駐車場(無料)
 トイレ…有

菅谷館跡石碑 国の史跡に指定されている菅谷館跡(菅谷城)は、鎌倉幕府の有力御家人として知られる畠山重忠の館跡です。

重忠は別の場所に住んでいたが、鎌倉街道の要所にあるこの地に移ってきたのが始まり。
土塁や縄張りが良好な状態で残っていて、鎌倉時代の遺構を知る重要な遺跡です。

公園のように整備されていました。



〜〜畠山重忠(1164-1205年〜〜
平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。
当初、源頼朝と敵対するが、のちに臣従して鎌倉幕府を開くのに大きく貢献した知勇兼備の武将。

頼朝の死後、執権となった北条時政の謀略により、謀反の疑いをかけられ、一族とともに滅ぼされてしまいました。
100円で入れる嵐山史跡の資料館があります。
人の気配がなく、入るのをやめてしまいましたが、どうやらパンフレットなどが充実しているらしい。
ここは立ち寄っといた方がいいかもしれません。

800年の時を経て、晴女さんが菅谷館跡に攻め込みます。
空堀 空堀土塁を越え(うそ)、館内に突入!





続日本100名城公式ガイドブック スタンプ帳つき (歴史群像シリーズ特別編集) [ 公益財団法人 日本城郭協会 ]

価格:1,728円
(2018/3/23 11:29時点)
感想(2件)

土塁 館主、畠山重忠公を探します。


整備された公園では芝生の上でお弁当を食べている家族が数組。さらにウォーキングをしている人もちらほら。
地元の方の憩いの場の雰囲気が漂っています。 

畠山重忠像  ビニール傘を武器に晴女さんが討ち入り。

猛将畠山重忠公と一騎打ち。
刀 イラスト
いざ
見事、一騎打ちに勝利した晴女さんは勝どきを挙げています。


急遽訪れた菅谷館跡はこんな感じで楽しめました。

次はこの旅行最後の観光地、川越市へ向かいます。
まずは川越城へ行きますよ。
勝どき

→ 北関東旅行TOPページへ トップ Mail