トップページ > 安土旅行 > 総見寺 都道府県:滋賀県
    織田信長が自らの菩提寺として安土城内に移転させた総見寺   訪問日:2013年5月5日

安土城天守閣から入口へ戻ります。途中、道が二手に分かれており、来た時と違う道で戻ります。
こっち方面は総見寺跡地があるのです。


 ◆ 国重文の三重塔が見どころ
総見寺
総見寺
安土城築城時、織田信長が自らの菩提寺として移転させたお寺。
本丸の西側に位置し、安土城焼失の時、焼失から免れましたが、1854年に火災で三重塔、仁王門以外が焼失してしまいました。

礎石
本堂の礎石で恒例写真
三重塔
三重塔(1454年築 国重文)と晴女さん
総見寺 石垣
総見寺を支えている石垣
仁王門
仁王門(1571年築 国重文)
文化財めぐり
文化財チェックする晴女さんはもうベテランの域
参道
こんな道を歩いてお城入口まで戻ります

この後はひたすら階段を下り、お城入口まで戻ります。思いのほか、長く感じました。
しばらく歩いていくと
伝羽柴秀吉邸跡に出ます。
この日、2つ目の山城で疲れましたが、スタンプ50個目を押せたので達成感がありました。
この後は近くにあるセミナリヨ跡へ向かいます。
駐車場の誘導員の方に場所を聞き、移動します。

1/360 スタンダード城 安土城

価格:1,693円
(2018/2/6 11:07時点)

天下布武の城・安土城 (シリーズ「遺跡を学ぶ」) [ 木戸雅寿 ]

価格:1,620円
(2018/2/6 11:08時点)



 ◆ メモ
 住所:滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
 開場時間:本堂拝観 500円
 入場料:安土城入山と同じと思われる
 滞在時間:3時間(安土城全体で)

 アクセス:JR琵琶湖線 安土駅から徒歩25分
 駐車場:専用駐車場(有料)

 トイレ:有
2015年8月30日現在


415号線 安土城(その参)
 TOP MAIL
セミナリヨ跡


Yahoo!トラベル
人気スポットをめぐる旅、旬の味覚を楽しむ旅など豊富なラインアップ。