トップページ > 岐阜・名古屋旅行 > 崇福寺 都道府県:岐阜県
  関ヶ原の戦い時の血天井が残る崇福寺   訪問日…2008年11月1日
延算寺東院で名水を堪能したあとは、関ヶ原の前哨戦、岐阜城の戦いで血が付いた床の残る崇徳寺(そうふくじ)へ。
崇福寺 信長が美濃に移ると織田家の菩提寺となった崇徳寺。
「心頭を滅却すれば火も自ずから涼し」と言ったことで有名な快川紹喜が住職を務めたことがあるお寺です。

血天井以外にも本能寺の変で討死した信長・信忠親子の廟など、数多くの見どころがあります。
崇福寺 血天井 人間の血を見ることに乗り気じゃない晴女さん。
渋々境内に入っていきます。

本堂で拝観料を払い、中に入ります。
信長が所持していた南蛮の櫓時計や、徳川家の品々など、館内放送(説明)を聞きながら見て行きましたが、途中で何の説明をしているか分からなくなってしまいました。

そして噂の血天井。見上げると想像以上にハッキリと血痕が残っているのだ。
戦国の生々しい事実を伝える一品。
嫌がっていた晴女さんもそれを見ると、色々と考えさせられました。ホント見てよかった。

本堂以外にも境内には見所がちらばっています。
崇福寺 中門 室町時代の関白、一条兼良(1402-1481年)が寄贈した
中門と土塀

一条兼良は「日本無双の才人」と評された人物。
応仁の乱あたりの世情を中国の春秋戦国期に例え、戦国時代という名称を位置づけた一人です。
信長・信忠廟所 織田信長・信忠廟所(岐阜市指定文化財)

信長と信忠が本能寺の変で討たれると、信長の側室お鍋の方が遺品を送り、ここに埋め、位牌を安置させました。
稲葉一鉄 梵鐘 稲葉一鉄 稲葉一鉄寄進の梵鐘
稲葉一鉄は美濃3人衆の1人で斉藤道三、織田信長に仕えた武将です。

寄進だが太平洋戦争で没収され、戦後再製されたもの…という情報も。
瓦 梵鐘周辺には瓦が置いてあります。岐阜城の遺構か?

見どころが多い崇福寺は歴史好きにおススメのお寺です。
晴女さんみたいに血天井を見ることで、何かを得られることもあるのではないでしょうか?

このあとは道三・信長の居城、岐阜城へ行って参ります。

崇福寺 地図
メモ メモ
 住所…岐阜県岐阜市長良福光2403-1
 開場時間…3〜10月 9:00〜17:00
        11〜2月 9:00〜16:30
 入場料…200円

 滞在時間…45分
 駐車場…専用駐車場(無料)
 トイレ…無
→ 岐阜・名古屋旅行TOPページへ
トップ Mail