トップページ > 能登旅行 > 曽々木名水 都道府県:石川県
    夏冷たく、冬温かい曽々木名水   訪問日:2014年8月14日

国道249号を走り、次の目的地、曽々木名水を探します。
隣に春日神社があるという情報と、ネットで調べた大まかな場所を頼りに車を走らせます。
ここら辺と思うあたりを行ったり来たりして、何とか名水を発見。国道から細い路地を入った突き当たりにありました。


 ◆ 水の権威者も認めた名水です
曽々木名水
曽々木名水
霊山岩倉山の地下水がわき出ている名水。日照りが続いても枯れたことがないと言われています。地元では『おこどの水・みやの水』と言われ、昔から親しまれてきました。
水の権威者と言われた初代金沢大学長戸田正三氏が「世界の三指に入る美味い水」と称えたと言われています。

冷たい水
程よい勢いで流れています
名水堪能
水を浴びる晴女さん

春日神社 名水隣の春日神社
カーナビに乗っていなかったので、目印にはなりませんでした。

しばらく2人で名水を堪能。
サンダルの晴女さんは足も濡らしています。
雨男さんはいつものようにタオルを濡らして腕や顔を拭いています。
真夏の醍醐味ですが、長居すると離れがたくなるので、この地を去ります。
次は道の駅でもある白米千枚田へ向かいます。



 ◆ メモ
 住所:石川県輪島市町野町曽々木
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:5分

 アクセス:JR北陸本線 金沢駅からバスorタクシー
 駐車場:名水前の駐車スペース(無料)

 トイレ:無
2016年4月17日現在


415号線 上時国家
 TOP MAIL
白米千枚田


曽々木名水 滞在時間旅ぷらざ楽々!レンタカー予約
日本最大級のレンタカー予約サイト。全国21社、3500営業所のプランから24時間即時予約OK。