トップページ > 仙台旅行 > 白石城 都道府県:宮城県
    片倉小十郎景綱の居城、白石城   訪問日…2010年9月20日


仙台藩の南の要となった白石城を見学。
お城周辺には武家屋敷が残っており、一帯が観光地となっています。
お城近くの無料駐車場に車を止め、白石城をはじめ、周辺の歴史スポットを見学したいと思います。


 ◆ 一国一城令を免れた白石城
白石城
白石城
戦国時代末期、豊臣秀吉が伊達領だったこの地を没収し、蒲生氏郷がこの地を治めることになりました。その時、氏郷の重臣蒲生郷成が整備しました。
その後、上杉領となり上杉家臣甘糟清長が治めます。
1600年の関ヶ原の戦いの時、家康側に着いた伊達政宗が白石城を攻略。再び伊達家が納めることになり、伊達家重臣片倉家が城主となりました。
一国一城令から免れ、幕末では奥羽越列藩同盟がここで締結されました。


 ◆ 公園として整備されている城跡を探索
東口門跡
東口門跡から入城
井戸跡
井戸前にてまんべんの笑みで記念撮影
大手門
1995年に復元された大手門
本丸御殿跡
本丸御殿跡
本丸井戸跡
本丸井戸
鐘堂
非常時に鳴らしていた鐘堂
二の丸跡
公園となっていた二の丸跡
小十郎の碑
小十郎の碑でも記念撮影


 ◆ 史実に基づき木造で復元された建物をチェック
三重櫓 木造復元
三重櫓(1997年復元)
明治の廃城令で破却された白石城。残っている建物は周辺のお寺に城門が移築されているくらい。
1995年に片倉景綱を偲んで、当時の建築技術を用いて木造復元されました。
2011年の東日本大震災で大きな被害を受けましたが、復旧工事が行われたそうです。

公園内は城跡を維持したまま整備されていて、非常に見学しやすかったです。
地元の片倉愛を感じたお城見学でした。木造の三重櫓もタイムスリップしたような内装でした。


 ◆ 白石城ではじける晴女さん
記念撮影
う○こ座りで記念撮影
本丸跡
恒例の天守閣ポーズ
鉄砲狭間
誰を狙っているのでしょうか
甲冑
鎧と一緒に
石落とし
石落としでタオル落とし
武者走り
武者走りで走ります

大砲の像 城跡の一角にある白石市生まれの第18代横綱大砲の像がありました。
身長190cm、体重140kの明治時代の横綱。
『てっぽう』という技を得意とし、一場所で11日間引き分けのまま終わったという逸話があるらしい。

写真はしこを踏んでいると思われる晴女さんと一緒に。

白石城近くに売店がありました。
お土産は後にし、先に武家屋敷の方に足を運びたいと思います。

【送料込み 初回限定】白石温麺(うーめん)お試し3種セット のし不可

価格:1,296円
(2018/5/14 11:04時点)
感想(21件)

続日本100名城公式ガイドブック スタンプ帳つき (歴史群像シリーズ特別編集) [ 公益財団法人 日本城郭協会 ]

価格:1,728円
(2018/5/14 11:04時点)
感想(8件)



 ◆ メモ
 住所…宮城県白石市益岡町1
 開場時間…4〜10月 10:00〜17:00
        11〜3月  9:00〜16:00
 入場料…白石城のみ300円
      (武家屋敷、歴史探訪ミュージアム共通券あり 600円)
 滞在時間…45分

 お土産…楽天キティ、ポストカード、白石温麺

 アクセス…JR東北本線 白石駅から徒歩10分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
2014年5月12日現在


415号線 傑山寺
 TOP MAIL
片倉家中旧小関家


当日でも予約可能!国内格安航空券なら大黒屋トラベル
大黒屋トラベルの国内格安航空券 複数航空会社を一括比較・簡単予約