トップページ > 長野・山梨旅行 > 進徳館  都道府県:長野県
     リサイクル藩校、進徳館   訪問日…2008年7月19日 
高遠城をグルッと車で周り、北ゲート駐車場に移動してきました。
桜の季節なら有料の駐車場も、この時季(夏)なら無料で止められます。
高遠藩3万石の藩校 進徳館

高遠藩最後の藩主、内藤頼直が1860年に建てました。
財政状態が厳しかった高遠藩は、空家の家老屋敷を再利用して建てました。
進徳館入口

 進徳館 額 易経にある
「君子は進徳脩(修)業、
   忠信(真心を尽くすこと)は徳の進む所以なり」


という言葉から進徳館と名づけられました。

※易経(えききょう)…古代中国の占筮(細い竹を使用する占い)の書

進徳館 教授用玄関 進徳館 生徒用玄関 玄関は教授用(右)と生徒用
(左)に分けられています。

残念ながら中に入ることはできません。

進徳館 教室 

進徳館が建てられた1860年と言えば、江戸で桜田門外の変が起きた年。

激動の時代にリサイクルしてまで作らせた藩校から多くの有名人を輩出しました。


〜進徳館で学んだ主な著名人〜
中村弥六…日本の林学博士第1号
伊澤修二…近代日本の音楽教育の第一人者

高橋白山…明治時代の漢学者
学生
では平出の泉へ涼みに行こうか、晴女さんよ。
 進徳館周辺マップ   
メモ メモ
 住所…長野県伊那市高遠町東高遠2007
 開場時間…8:30〜17:00
 入場料…なし
 滞在時間…15分

 駐車場…高遠城の駐車場(無料)
       (桜の季節は500円)
 トイレ…無(高遠城址公園内に有)  
→ 長野・山梨旅行TOPページへ
トップ Mail