トップページ > 長野・山梨旅行 > 新府城 都道府県:山梨県
  勝頼が築いた短命なお城、新府城へ   訪問日…2008年7月20日 
三分一湧水から信玄堤公園に向かう途中、新府城を通りかかったので立ち寄ります。
私たちが着いてから、すぐにもう一台車が来ました。その人達はうちらと違う方向へ歩いて行きました。
どちらに行ったのでしょう?
メモ メモ
 住所…山梨県韮崎市中田町中條新府城跡野
 開場時間…なし
 入場料…なし
 滞在時間…30分弱


 駐車場…専用駐車場(無料)
 トイレ…(本丸跡に)有

新府城の北側に広場の様な駐車場があり、そこから城跡まで歩いて行きます。 
新府城は1581年に武田勝頼が築城したお城。
しかし、勝頼が入城した後も織田・徳川の攻勢は変わらず、わずか3ヵ月足らずで城に火を放ち、新府城を後にします。
その1週間後、勝頼一行は天目山で自害し、武田家は滅亡します。

その後、織田信長が本能寺で倒れると旧武田領をめぐって、徳川家と北条家の争いが起こります。その時、徳川家康が陣としてここを利用したと言われています。

現在は新府城跡として国の史跡に指定されています。
目の前に登場したのはこの階段。

どうしたものかと考え、とりあえず
あの鳥居まで行ってみることに。
上った先も…また階段。
さすがにこれは引き返すしかあるまい。
(雨男さんのみ)後ろ髪をひかれる思いだったが、ここで引き返します。
でもも引き返すと決断したのは雨男さん。
晴女さんはそれに従っただけです。

ちなみにこの上が本丸跡。
現在は藤武稲荷神社となっているそうです。
鳥居がある所は別の道(参道)とぶつかっているようです。
どっちで行ってもしんどいでしょう…きっと。

続日本100名城公式ガイドブック スタンプ帳つき (歴史群像シリーズ特別編集) [ 公益財団法人 日本城郭協会 ]

価格:1,728円
(2018/4/5 10:46時点)
感想(2件)


あとは来た道を引き返すだけ。
その時に土塁と東出構え跡を
見つけたくらいの新府城見学でした。

車に戻ると、さっきの人たちはもう戻って来ていました。新府城へ行った形跡はなかったのに…?

急遽、新府城を訪れて思ったことは、下調べが必要だということ。どこを見ていいか、さっぱりわかりませんでした。
せっかく良好な状態で城跡が残っているのにもったいないことをしてしまいました。

それでは、本日最後の観光地、信玄堤公園に向かいたいと思います。

→ 長野・山梨旅行TOPページへ トップ Mail