トップページ > 能登旅行 > 下時国家 都道府県:石川県
    上下ある時国家(下時国編)   訪問日:2014年8月14日

能登に配流された平時忠の子孫の家を訪問。
時国家と言い、上時国家と下時国家の2つがあります。まずは下から。
近くに行くと、『重要文化財・名勝庭園』とでかでかと書かれた看板があるので、すぐ見つけられます。


 ◆ 江戸時代に建てられた古民家です
下時国家
下時国家(国重文)
平時忠が能登に配流され、その子孫がこの地で農耕を営み、時国村を形成し、江戸時代まで続きます。1634年、13代藤左衛門時保が時国家を2つに分家しました。
江戸時代中期に建てられた家屋は
国重文に指定され、庭園は国の名勝に指定されました。

駐車場
広い駐車場に大きな看板
かなり目立ちます
重要文化財時国家
料金を払い、いざ中へ
珍しく晴女さんが先に進んでいます
古民家
古民家の中でも広い方だと思います
謎
晴女さんは何がしたいのでしょう
名勝庭園
名勝庭園
展示室
展示室もありました

この後、上時国家にも行くので、共通券などがあるのかなど、管理人らしき3人の女性に聞いたが、愛想なく無視されてしまいました。
大人の事情などで管理などが違うのかわかりませんが、観光目的という目線で見ると、かなり不快な場所でした。
続けて上時国家を見学します。歩いていける距離でしたが、車で行くことにします。



 ◆ メモ
 住所:石川県輪島市町野町西時国2-1
 開場時間:10:00~16:00
 入場料:600円
 滞在時間:25分

 アクセス:JR北陸本線 金沢駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
文化財見学
2016年4月12日現在


415号線 すず塩田村
 TOP MAIL
上時国家


Yahoo!トラベル
人気スポットをめぐる旅、旬の味覚を楽しむ旅など豊富なラインアップ。