トップページ > 静岡旅行 > 清見寺(その壱) 都道府県:静岡県
    見どころがたくさんある清見寺(その壱)   訪問日…2010年3月21日

静岡市清水区にある清見寺(せいけんじ)。500羅漢目当てで訪れたのですが、見どころがたくさんあるお寺でした。
東海道沿いにある家康ゆかりの寺で、更に小田原の役の時、豊臣秀吉も立ち寄っていた歴史あるお寺です。
駐車場は道路の東海道沿いに数台分あります。境内と駐車場は電車の東海道線を挟んでいます。だから、車で行く方は道路の東海道を走って行くと良いでしょう。


 ◆ 人質時代の松平元康が過ごしたお寺
清見寺入口
清見寺入口
創建は奈良時代で、足利尊氏今川義元の帰依を受けていたお寺です。
松平元康(後の徳川家康)が今川家の人質時代、過ごしていたお寺なのだ。
ここで元康は今川家の重臣太原雪斎に学問を学んでいました。
この事から江戸時代は将軍家から庇護を受け、朝鮮通信使などの接待が行われていたそうです。
朝鮮通信使遺跡として国の史跡に指定されています。


 ◆ お目当ての500羅漢の前に建物をチェック!
山門
山門(1651年築 静岡市指定文化財)
釘を1本も作っていない造りに注目
田中清左衛門
山門前にある田中清左衛門の供養塔
田中吉政の家臣で石田三成を捕えた人だとか
大方丈
大方丈(1828年築)
鐘楼
鐘楼(1862年築)


 ◆ 鐘楼奥にある書院(1876年築 静岡市指定文化財)の中は有料拝観
庭園 書院内は有料。展示品もあり、中でも目を奪ったのが家康が人質時代に過ごしていた部屋です。
書院自体は1876年築なので、家康が生きている訳ないのだが、この部屋だけ残っていたのか…残したままだったのか、それとも再現なのか不明だが、別の意味で興味深い部屋でした。
庭園(写真)国の名勝に指定されているのでこちらも必見です。
広間
おそらく広間
家康がいた部屋ではありません
差股
差股・突棒・袖搦もありました
関所以外で見たのは初めてです

500羅漢を見に来たつもりが、思わぬ見どころの多さにビックリしている雨男さん。
このあとは当初のお目当てだった500羅漢を見に行きます。
つづく…

富士宮焼きそば&静岡おでんセット( 送料無料/ヤマト運輸 )

価格:5,076円
(2018/4/24 11:15時点)
感想(4件)

100万人の戦国無双 ミニキャラアクリルキーホルダー【太原雪斎】

価格:734円
(2018/4/24 11:15時点)



 ◆ 地図&メモ
清見寺 アクセス
 住所…静岡県静岡市清水区興津清見寺町418-1
 開場時間…8:00〜16:30
 入場料…300円
 滞在時間…45分

 アクセス…JR東海道本線 興津駅から徒歩15分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】7号線


踏切を挟む 久能山東照宮(その参)
 TOP MAIL
清見寺(その弐)


★一度は試してみたい貸切風呂を無料で【無料貸切風呂のある宿】
ゆこゆこ厳選!≪お客様満足度80点以上≫の人気宿をピックアップ
フジフイルムモール家康ゆかりの寺
富士フイルムが運営する写真・カメラ用品の直販公式 ショップです。