トップページ > 長野・山梨旅行 > 三分一湧水 都道府県:山梨県
  日本名水百選1つ目、三分一湧水へ   訪問日…2008年7月20日 
風林火山館を出発し、三分一湧水に到着。
時刻は14時をまわった頃です。

三分一湧水は環境省が選定した名水百選に選ばれている
八ヶ岳南麓高原湧水群の1つ。

三分一(さんぶいち)というかわった名称は、戦国時代、農業用水として3つの村に均等配分するために三分割に水路を分けたのが由来だとか。
1日の水量が8,500トンで、水温が11℃。
農業用水のため、生水での飲用は禁止されています。
14時過ぎだというのに、お店は満席。
順番待ちのボードに名前を書いたが、待っている人が何組もいて、呼ばれるまでかなりの時間がかかりそうだ。

先に三分一湧水を堪能することにしました。



三分一湧水は、そば屋から道路を渡ったところにあります。
生水で飲むことはできないが、触れることはできるのだ。
名水だけにとてもキレイな水です。

水温11℃の水は冷たくて気持ちいい。
真夏にもってこいの納涼スポットで、十分水を堪能しました。
そば屋に戻ってきたが、まだまだ呼ばれるまで時間がかかりそうだ。
隣の売店で更に時間をつぶしたが、もう限界。そばを断念し、近くのコンビニでお昼を食べたのでした。

このあと、信玄堤公園に向かうのだが、新府城を通りかかったので立ち寄ってみました。

 
メモ メモ
 住所…山梨県北杜市長坂町小荒間292-1
 開場時間…なし(湧水館は9:00〜17::00
 入場料…なし(湧水館は400円)
 滞在時間…30分弱


 駐車場…専用駐車場(無料)
 トイレ…有
→ 長野・山梨旅行TOPページへ
 トップ  Mail