トップページ > 長野旅行 > 真田邸 都道府県:長野県
    江戸時代の御殿建築が残っている真田邸   訪問日:2012年5月3日

松代城から歩いて真田邸へ向かいます。
地図で行き方を確認しますが、どうもわかりづらい。交通整理をしていた方に聞いてみると、「駐車場を突っ切って行く」とのこと。
言われた通り歩いて行き、無事に真田邸に到着。お城から数分でたどり着きました。


 ◆ 新御殿と呼ばれていた真田邸
真田邸
真田邸主屋(18654年築)
1865年、松代藩9代藩主真田幸教が義母の住まいとして建てた館。
幕末、参勤交代の制度が緩和され、藩主の妻子が国元へ帰ることが許されたため、その時に義母を迎えるため建てられたものだそうです。
松代城の南に位置し、新御殿と呼ばれていました。江戸時代末期の御殿建築として非常に貴重であることから、松代城の『附(つけたり)』として
国の史跡に指定されています。

表門
江戸時代末期築の表門(冠木門)
真田邸 主屋
傘を刀代わりに記念撮影
廊下
主屋の廊下
何がしたい
晴女さんは何がしたいのでしょう?
昔のトイレ
雨男さんが好きなトイレ
流し台
たぶんお風呂か流し台のどちらか
赤い絨毯
赤い絨毯に沿って見学していきます
縁側
昔の縁側は落ち着きます
真田邸
真田邸外観
土蔵
7棟ある土蔵も創建当時のもの


 ◆ 真田邸周辺の見どころを紹介(敷地外のもあります)
お参り
雨男さんが撮っているのは…
鳥居
庭園奥にある神社でした
長屋門
真田邸近くにある古そうな建物
役人詰所
松代城から真田邸に行く途中にあった役人詰所の跡地



 ◆ 松代遊学スタンプ帳2つ目をゲット!
スタンプ 主屋前でスタンプを押す雨男さん。
珍しくカメラ目線で応対しています。

真田邸単品だとそれほど時間はかかりません。
ただ江戸時代の御殿建築が残っているのは非常に貴重なので、マニアック目線で見学すると、時間を要するかもしれません。

松代遊学スタンプ帳 真田邸スタンプ 松代の歴史観光スポットを巡るスタンプ帳。

スタンプは、
松代城、真田邸、真田宝物館文武学校象山記念館
旧横田家住宅旧樋口家住宅旧前島家住宅
旧白井家表門山寺常山邸
の全10ヶ所。
今回は2ヶ所目の押印です。

戦国武将Tシャツ 【真田幸村 六連銭】 Lサイズ 半袖 綿100% 日本製 ブラック(黒) 〔Uネック おもしろ〕

価格:4,212円
(2018/5/29 11:02時点)

武田・上杉・真田氏の合戦 [ 笹本正治 ]

価格:1,620円
(2018/5/29 11:03時点)



 ◆ メモ
 住所:長野県長野市松代町松代1
 開場時間:9:00~17:00
 入場料:200円(真田宝物館・文武学校共通券 500円)
 滞在時間:30分

 アクセス:JR北陸新幹線、信越本線 長野駅からバスorタクシー
 駐車場:松代近くの駐車場(無料)

 トイレ:有
松代 スタンプラリー
2015年1月2日現在


415号線 松代城(その弐)
 TOP MAIL
おやきや総本家


安心・お得なJTB国内宿泊は、全国約5000軒の旅館・ホテルを用意!真田邸 観光時間
国内旅行・ツアーを探すなら、JTB国内宿泊予約へ。