トップページ > 能登旅行 > 禄剛埼灯台 都道府県:石川県
    能登半島の最先端、禄剛崎に参上   訪問日:2014年8月14日

能登半島の最先端に到着。
灯台のふもとにある道の駅『狼煙』に車を止め、能登半島最先端にある灯台へ向かいます。


 ◆ 朝日と夕日が見られるビュースポット
禄剛崎灯台
禄剛埼灯台
能登半島の最先端。
「海から昇る朝日と、沈む夕日が同じ場所で見られる」ことで知られています。
1883年に設置された灯台は、保存状態の良さから
日本の灯台50選に選ばれています。
現在は、無人のため内部は見られませんが、年に数回一般公開もしているみたいです。
また周辺は
能登半島国定公園に指定されています。

能登半島最先端
いざ、最先端へ
坂道
最先端へ向け、急な坂道を上ります
能登半島国定公園
坂を上ると広場に出ます
日本列島の中心
ここが日本列島の中心だそうです
禄剛崎岬
東京、釜山、上海までの距離が書かれています
日本海
疲れ切った表情で海を見つめる晴女さん

禄剛崎灯台 思いのほか、駐車場からすぐ着きました。
距離が短い分、坂道が急でしたが、晴女さんはホッとした様子。
景色がいい所だけあり、観光客が大勢いました。

ちなみにこの灯台は菊の紋が入った唯一の灯台です。


 ◆ 道の駅『狼煙』でこの旅行のカギとなるスタンプラリーを発見
狼煙
道の駅『狼煙』
豆乳ソフトクリーム
豆乳ソフトクリームを食べました
狼煙缶バッジ
道の駅『狼煙』の缶バッジ
塩サイダー
塩が有名なので塩サイダーを買いました

晴女さんがトイレに行っている間、雨男さんは置いてあるパンフレットを何気なく見ていました。
目に入った長谷川等伯歴史探訪のスタンプラリー用紙。誰だか分らなかったけれど、この用紙がのちに大いに役立つのでした。



 ◆ メモ
 住所:石川県珠洲市狼煙町イ-51
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:1時間

 お土産:塩サイダー、缶バッジ

 アクセス:JR北陸本線 金沢駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2016年4月9日現在


415号線 須須神社
 TOP MAIL
黒丸家住宅


旅ならるるぶトラベル
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。便利なビジネスホテルから一度は泊まりたい高級旅館まで掲載。