トップページ > 甲府旅行 > 大井俣窪八幡神社 都道府県:山梨県
    歴代武田氏の保護を受けてきた大井俣窪八幡神社   訪問日:2016年4月29日

続いては大井俣窪八幡神社です。順調に神社に到着するも駐車場が見つりません。
境内沿いに車を進めていくと、小さな「参拝者駐車場」看板を発見。
車を止め、小腹が空いたので、恵林寺で買ったよもぎだんごを食べてから境内を見学します。
思いの外、ボリュームがあったので、晴女さんは苦しそうに散策しています。


 ◆ 武田家当主が再建した建物が多く残ります
神門
大井俣窪八幡社 神門(1511年築)
創建当初、大井窪神社という名前でしたが、現在の窪の地に移り、大井俣窪八幡神社と呼ばれるようになりました。
古くから甲斐武田氏の崇敬を集め、武田家当主が寄進した多くの建物が残っています。

大鳥居
武田信虎寄進の大鳥居(1535年築 国重文)
比咩三神
徳川忠長寄進の比咩三神(1625年築 国重文)
武田信虎
武田信虎寄進の拝殿(1534年築 国重文)
高良神社
武田信昌寄進の高良神社(1500年築 国重文)
武田信満
武田信満寄進の本殿(1410年築 国重文) 
若宮神社
若宮神社拝殿(1536年築 国重文)
文化財チェック
若宮神社拝殿でやっと登場
晴女さんの文化財チェック
石反橋
足元も要チェック
石反橋(1535年築 国重文)
鐘楼
こちらは山梨県指定文化財鐘楼(1553年築)
武田信玄が再建しました
末社
境内裏の小さな末社
祠もたくさんありました

よもぎだんご たくさんの文化財があり見ごたえがありましたが、人がいないせいか淋しく感じました。
晴女さんは文化財をたくさん見られたので、満足気です。

写真は本日のお昼ご飯となった「よもぎだんご」と「もろこしだんご」
ボリューム満点のだんごでした。



 ◆ メモ
 住所:山梨県山梨市北654
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:20分

 アクセス:JR中央線 山梨市駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
セコム スーパーレスキュー国重文めぐり
2017年3月18日現在


415号線 於曽屋敷
 TOP MAIL
甲斐善光寺


国内ダイナミックパッケージの予約ならTRIP STAR大井俣窪八幡神社 滞在時間
航空券・ホテル・国内出張・海外出張のことならこちらをクリック!