トップページ > 日光旅行 > 小見真観寺古墳  都道府県:埼玉県
  江戸時代に発見された小見真観寺古墳   訪問日…2009年7月20日
◆【PCメガネ】2000円以上購入で送料無料。JIN's GLOBAL STANDARD オンラインショップ◆
埼玉県に入り、南下している途中、カーナビで古墳を発見!
さっそく立ち寄ってみると古墳の前にお寺がありました。幸い駐車場があったので、そこに駐車。まずはお寺を探索してみることに。

 ◆ お寺の名前は真観寺
真観寺
1242年に創建された真観寺。
江戸時代に入ると10石の朱印状をもらい、寺領を安堵されたそうです。
1634年、藤原時代の観音像を安置するため観音堂を建設。その時に古墳が発見されました。
この観音像は
埼玉県指定彫刻に指定されています。

仁王門
仁王門
観音堂
現存かどうかは不明な観音堂


 ◆ 江戸時代に発見された小見真観寺古墳
小見真観寺古墳 観音堂の奥に行くと古墳がありました。
読み方は『おみしんかんじこふん』

1634年、観音堂を建立する時に発見されたこの古墳は保存状態がよく、しかも石室が開いていて中を見ることができるのだ。
埼玉の古墳の中でも比較的新しい古墳で
国の史跡に指定されています。


 ◆ 地図
小見真観寺古墳 アクセス
 住所…埼玉県行田市小見1124-1
 開場時間…なし
 入場料…なし

 滞在時間…15分弱
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…無?

桶狭間 医王寺
(鹿沼市)
トップ Mail
吉見百穴 今川義元

社寺めぐり日本全国の高速バス予約はこちら!!
日本旅行が運営する高速バス・夜行バスの予約サイト 日本旅行「バスぷらざ」