トップページ > 高知旅行 > 岡豊城 都道府県:高知県
    長宗我部氏の居城、岡豊城へ   訪問日:2015年9月21日

続いては長宗我部氏の居城、岡豊城です。
日本100名城ではありませんが、雨男さんがぜひとも行きたかったお城です。
山城なので、晴女さんは行きたくなかったようですが、今回の目的でもある
四国お城スタンプラリーの場所でもあるので、仕方なく付き合います。


 ◆ ここに長宗我部元親が住んでいました
岡豊城
岡豊城(国の史跡)
鎌倉時代初期、土佐に入った長宗我部能俊が築城したお城。
以後、長宗我部氏の居城となりました。戦国時代初期、1度は落城しますが、長宗我部国親が奪還し、長宗我部氏の飛躍が始まりました。
四国を統一後、秀吉に下り、長宗我部氏が浦戸城(桂浜)に移ったため、廃城になりました。

高知県立歴史民俗資料館
まずは高知県立歴史民俗資料館を見学
長宗我部元親像
資料館前の長宗我部元親像
岡豊城跡
いざ、岡豊城へ
二ノ段
二ノ段
見晴らし
二ノ段は見晴らしが最高です
これで海が見えればなお良いと思うのでした
堀切
堀切井戸と晴女さん
晴女さんはどこにいるでしょう?
城主の居館
本丸にあたる城主の居館
天守
不格好な晴女さん天守が登場
石段
雨男さんが注目した石段
当時のものだったらいい保存状態です
三ノ段
三ノ段の礎石建物跡
側面の石垣にも注目です
虎口
いい虎口です
厩跡曲輪
出城の機能を果たしていた厩址曲輪
空堀
僅かに残っている空堀
竪堀
竪堀


 ◆ 岡豊城(資料館)に向かう坂道の途中にも遺構があります
山村民家
移築されてきた土佐の山村民家
香川親和の墓
元親の次男香川親和のお墓(伝)

念願の岡豊城見学に満足した雨男さん。こじんまりした感じの山城でした。
おかげであまり坂道を上らずに済み、ホッとした晴女さんなのでした。



 ◆ メモ
 住所:高知県南国市岡豊町八幡1099-1
 開場時間:高知県立歴史民俗資料館 9:00~17:00
 入場料:高知県立歴史民俗資料館 460円
 滞在時間:1時間10分

 アクセス:JR土讃線 土佐大津駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2016年12月17日現在


415号線 永源寺(南国市)
 TOP MAIL
絵金蔵


トラベル館
ご利用日前日に郵送でお届け!空いてるスーツケースをネットで一発検索!ブランド品から格安スーツケースまで、業界屈指のラインナップ!