トップページ > 岡崎旅行 > 岡崎城(その壱) 都道府県:愛知県
    徳川家康が産まれたお城、岡崎城(その壱)   訪問日…2011年9月18日


日本100名城スタンプラリー43ヶ所目の岡崎城へ。
東隅櫓がある岡崎城北東に大型駐車場があります。大通りに面しているので、左折で入れるように来た方が良いでしょう。
有料駐車場ですが、時間を気にせず、じっくり見学したいと思います。


 ◆ 江戸時代、神聖地としてあがめられた岡崎城
岡崎城大手門
岡崎城大手門(1993年築)
徳川家康の祖父、松平清康が築城(他の場所から移築)したのが始まり。
家康はここで産まれ、岡崎城を拠点として天下統一を成し遂げました。
江戸時代に入ると、家康が産まれた場所『神君出生の城』として、神聖な場所になりました。
岡崎城を拠点とした岡崎藩はわずか5万石ながら、譜代家臣や格式が高い大名が治めてきました。現在、城跡は
岡崎公園として整備されています。


 ◆ 駐車場わきの櫓もお見逃しなく
岡崎城 東隅櫓
復元された東隅櫓
内部もきれいに再現されています
東隅櫓
雨男さんはトイレを拝借
スッキリした所で城内を見学します


 ◆ 有料の三河武士のやかた 家康館へ
三河武士のやかた 家康館 その名の通り、徳川家康と家康を支えた三河武士を紹介している資料館。
館内はキレイで雰囲気が良く、家康の生涯や徳川家ゆかりの具足など色んなものが見られました。
出口近くにある戦国武士体験コーナーで武士になりかけた三十路夫婦がいました(下の写真)。

ちなみに『歩いて回る家康のふるさと岡崎めぐり』のスタンプ設置場所です。
ここで6ヶ所中、3つ目をゲットしました。
刀
笑顔で刀を構える晴女さん
鉄砲
やる気ない姿で鉄砲を構える雨男さん


 ◆ 岡崎城内を見学
公衆電話
公衆電話もお城の形
用も無いのに入ろうとする晴女さん
二の丸井戸跡
売店横にポツンとある二の丸井戸跡
みんな素通りしていた寂しい遺構

リハーサル 家康館前では何かが行われる様子。
最近、よく見聞きするご当地の戦国武将隊らしい。
11時スタートみたいで、現在はリハーサル中。
開演時間になったら来ることにし、先にお城見学をしてしまいます。
つづく…
歩いて回る 家康のふるさと岡崎めぐりスタンプラリー ←家康館にある『歩いて回る 家康のふるさと岡崎めぐりスタンプラリー』のスタンプ

日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ) [ 福代徹 ]

価格:1,620円
(2018/5/23 10:55時点)
感想(140件)

長誉 徳川家康 大吟醸720ml

価格:3,402円
(2018/5/23 10:55時点)
感想(1件)



 ◆ メモ
 住所…愛知県岡崎市康生561-1
 開場時間…9:00〜17:00
 入場料…200円(家康館と天守閣共通入場券 510円)
 滞在時間…2時間半

 お土産…ポストカード、家康せんべい、グレート家康公の水
       家康キティ、東海道五十三次キティ

 アクセス…名鉄名古屋本線 東岡崎駅から徒歩15分
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有
2014年9月25日現在


415号線 伊賀八幡宮
 TOP MAIL
岡崎城(その弐)


100名城スタンプラリー旅ぷらざ楽々!レンタカー予約
日本最大級のレンタカー予約サイト。全国21社、3500営業所のプランから24時間即時予約OK。