トップページ > 安土旅行 > 奥石神社 都道府県:滋賀県
    老蘇の森の中にある奥石神社   訪問日:2013年5月4日

旅行2日目。最初の観光地は国重文の本殿がある奥石神社です。
東海道新幹線の線路に沿って国道8号線をひたすら走っているとある神社。地図を見るとすぐわかりそうな場所なのですが、北側から来ると意外と曲がるところが分からなかったです。
反対側から来ると大きな看板があったので、何とか駐車場にたどり着けました。


 ◆ 安土城と同時期に作られた本殿は必見
奥石神社
奥石神社
旧中山道沿いにある神社。国の史跡老蘇の森の中にあります。
織田信長が安土城築城と同時期に再建させた
本殿が現存しており、国の重要文化財に指定されています。

裏参道
駐車場がある入口は裏側っぽい
安土 奥石神社
グルッと回って正面入口へ
新緑
静かな新緑の参道が続いています
手水舎
手水舎
奥石神社 塀の向こう
あの塀の向こうに本殿があります
ちゃんと本殿は見られるのでしょうか
奥石神社 本殿
隙間から撮った本殿(1581年築 国重文)
織田信長が安土城を築くときに再建されたと考えられています
諏訪社本殿
本殿隣にある諏訪社本殿(安土町指定文化財)
本殿と同じ時期に建てられたと考えられています
大きな木
その間にあるひときわ大きな木
雨男さんはこっちの方が印象に残っているとか
老蘇森
平安時代から有名な老蘇森(国の史跡)
老いが蘇えると言われている森です
飛び出し坊や
飛び出し坊やを発見
飛び出し晴女さんと一緒に記念撮影

木々に囲まれ、静かな境内…と言いたいところですが、国道を走る車&新幹線の音がたまに聞こえるのが残念。
神社自体は老蘇の森と共にいい雰囲気なだけ、もったいない気がしました。

歩いて旅する中山道 六十九次の宿場&街道歩きを楽しむ [ ウエスト・パブリッシング ]

価格:1,944円
(2018/6/18 11:00時点)

【御朱印帳(蛇腹式)巾着3点セット】かわいい和柄(花づくし)(朱印帳/御朱印帳袋)

価格:4,950円
(2018/6/18 11:01時点)
感想(2件)



 ◆ メモ
 住所:滋賀県近江八幡市安土町東老蘇1615
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:20分

 アクセス:JR東海道本線 安土駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2015年7月28日現在


415号線 金剛輪寺(愛荘町)
 TOP MAIL
沙沙貴神社


ENEOS
ガソリン代がおトクになるドライバーに嬉しいカード、ENEOSカード。 24時間安心ENEOSロードサービス付き。