トップページ > 静岡旅行 > 日坂宿 都道府県:静岡県
    東海道の宿場、日坂宿   訪問日…2010年3月21日

旧東海道にあった五十三次の宿場の1つ、日坂(にっさか)宿へ。
日坂宿の西側の入口はさっき訪れた事任八幡宮あたりです。静かな朝の宿場跡を散歩してみます。


 ◆ 江戸から数えて25番目の宿場、日坂宿
藤文
日坂宿に残る藤文
日坂宿は東海道五十三次の江戸から数えて25番目の宿場。
江戸時代には旅館33軒、民家が168軒ありました。この規模でも現静岡県内の宿の中で一番小さいものだったそうです。
小さい宿場ながら歴史は古く、室町時代の記録に鎌倉⇔京都間の宿として栄えていました。
写真は日坂宿最後の問屋役を務めた藤文です。

日坂宿本陣跡
扇屋本陣跡
現在は日坂小学校となっている
黒田屋
脇本陣跡
日坂宿最後の脇本陣を務めた黒田屋の跡地
萬屋
萬屋
主に庶民が宿泊していた旅館
秋葉常夜燈
秋葉常夜燈
火災が多かった日坂宿で日伏せの神への信仰もありました
土蔵
藤文裏にある土蔵
茶畑
ちょっと車を走らせると茶畑がありました


 ◆ 切ないエピソードがある夜泣石
小夜の中山 夜泣石
小夜の中山 夜泣石
日坂宿から東海道を北へ2km程行ったところにある小夜の中山夜泣石
その昔、お石という身ごもった女性が中山の松の根元で陣痛で苦しんでいたところ、そこを通りがかった轟業右衛門という人が見つけ、介抱していました。しかしお石がお金を持っていることを知ると右衛門はお石を斬り殺して金を奪い逃げ去りました。
その時、お石の傷口から子供が生まれ、近くにあった丸石にお石の霊が乗り移って毎夜泣いたため、近隣の住民が『夜泣き石』と呼んで恐れられました。
ちなみに生まれた子供は久延寺の和尚に発見され、音八と名付けられ、育てられました。音八は成長すると大和の国の刀研師となりました。
ある日、音八のもとにある客が来ました。その客は「十数年前、小夜の中山で妊婦を切り捨てた時に石にあたって刃こぼれした刀を修理してほしい」と言ってきました。
音八はこの客が母の敵と知り、名乗りを挙げて恨みを果たしたそうです。
そんな悲しいエピソードがある夜泣き石。大きな看板があるのですぐ見つけられると思います。


 ◆ 道の駅 掛川でご当地キティを買いました
道の駅掛川 事任八幡宮近くにある道の駅、掛川
地元の野菜や特産品が売られています。またファミリーマート内にはお土産があり、ここでご当地キティを買いました。
閉まっていましたが遠州そばのお店もありました。

道の駅 メモ
住所…静岡県掛川市日坂882-1
トイレ…有

静岡茶キティ
静岡茶キティ

決定版東海道五十三次ガイド (講談社+α文庫) [ 東海道ネットワークの会21 ]

価格:885円
(2018/4/24 10:56時点)
感想(18件)

静岡茶の 「茶プリン」 4個入り (手提げ袋付き)

価格:1,080円
(2018/4/24 10:56時点)
感想(14件)



 ◆ 地図&メモ
日坂宿 アクセス
 住所…静岡県掛川市日坂
 開場時間…なし
 入場料…なし
 滞在時間…30分

 アクセス…JR東海道新幹線、東海道本線
               掛川駅からタクシー
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…無


415号線 事任八幡宮
 TOP MAIL
田中城


国内航空券ならTRIP STARご当地
航空券・ホテル・国内出張・海外出張のことならこちらをクリック!