トップページ > 日光旅行 > 日光東照宮(その五)  都道府県:栃木県
  日光東照宮をがっちり見学(その五)(全5回)   訪問日…2009年7月19日
長い長い東照宮探索も、いよいよ大詰め!
眠り猫とご対面をして、家康の廟所に向かいます。

 ◆ 眠り猫は眠っていた
眠り猫
眠り猫(国宝)
眠り猫 裏 眠り猫の真裏には小鳥が羽ばたいています。

眠り猫とこの小鳥には
『眠り猫はこの奥で眠る徳川家康を守るため、
               眠っているふりをしている』
『小鳥が騒いでも安心して眠っていられるくらい
                 平和な世の中になった』

という意味が込められているとか。
石段
石段国の重要文化財
東照宮 鳥居
晴女さん、ラストスパート

207段も石段があるわりには、思ったほどきつくありませんでした。体力がついたのかしら?

上に水があったので雨男さんに「(暑いなら)手を洗えば?」と言ったつもりが、何を勘違いしたのか持っていたタオルを濡らし始めました。そんなことをしたらポケットにしまえないじゃん。おバカです。
このあと晴女さんは雨男さんに「写真が撮れない」とキレられました。私のせいじゃ…。


 ◆ そろそろ徳川家康の廟所だ
御宝庫
御宝庫
日光東照宮 奥宮
奥宮(国重文)
徳川家康公廟所
徳川家康公廟所(国重文)
いや、長かった…
日光 家康廟所
宝塔(国重文)
今は銅製だが、昔は木製だったみたい
鶴
宝塔前の鶴は何かを加えている
叶杉
願いが叶うと言われている叶杉

全5回にわたってお伝えしてきた日光東照宮。
じっくり見たつもりだが、陽明門をはじめ、修理中だった唐門などまだまだ見どころがたくさんあります。
1度じゃなく、何回か訪れてこそ、ここの良さがわかるのではないかと思った雨男さんでした。

家康嫌いの夫婦もさすがにここは外せませんでした。
日光大観 どこかの売店で買った日光大観
25ページくらいで構成されている日光山の写真集&解説書だ。

使われている写真が古すぎるのが気になったが買ってしまった…

桶狭間 日光東照宮
(その四)
トップ Mail
二荒山神社
(その壱)
今川義元