トップページ > 日光旅行 > 日光東照宮(その壱)  都道府県:栃木県
  日光東照宮をがっちり見学(その壱)(全5回)   訪問日…2009年7月19日
旅行2日目。この日は1日かけて日光山探索をします。
日光東照宮をはじめ、日光山内の見どころをじっくりお伝えします。

 ◆ 関東の世界遺産 日光東照宮
東照宮 石碑 1616年、徳川家康は駿府で死去。
遺言により、遺骸は久能山に葬られ、久能山東照宮が建てられました。
その翌年(1617年)、日光に改装され、朝廷から東照大権現の神号を与えられました。

家康は『一周忌が過ぎたら、日光山に堂を建て、八州(日本全土)の鎮守となろう』と遺言していたといいます。


現在の東照宮は徳川家光が1636年に行った寛永の大造替の時のものです。
江戸の大工はもちろん、京や大坂からも集められたそうです。

 ◆ 地図&メモ
日光東照宮 アクセス  住所…栃木県日光市山内2301
 開場時間…4〜10月 8:30〜17:00
         11〜3月 8:00〜16:00
 入場料…1,000円(日光山内の共通券)

 お土産…東照宮の写真集、ポストカード
       眠り猫キティ、焼き餃子キティ

 滞在時間…4時間強(日光山全体)
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有


 ◆ 駐車場から表参道までの道も見どころがあるのだ
甲良宗広像
駐車場にある甲良宗広像
東照宮建築を指揮した人
この大規模工事をわずか1年半で仕上げたのだ
東照宮 階段
駐車場から階段を上り、正面へ
朝イチなので晴女さんはまだ元気です
東照宮 石垣
この石垣も江戸時代の遺構?
仮御殿
仮御殿(国重文)


 ◆ 一の鳥居をくぐり、世界遺産の旅スタート!
日光東照宮 一の鳥居 石鳥居(1618年築 国重文)

高さ約9メートルある大鳥居。
比較できる晴女さんがいないのは残念です。

材料となった石は黒田長政がわざわざ九州から運んできたものだとか。


後水尾天皇直筆の額も必見。
日光 五重塔 五重塔(1818年再建 国重文

酒井忠勝が1650年に寄進し、酒井忠近が再建した五重塔。

家康、秀忠、家光の干支の彫刻がどこかに隠れています。
探してみては?
日光東照宮 表門 表門(国重文)

この先から有料拝観エリア。
家康は嫌いだが、この中はどうなっているのかが楽しみです。


 ◆ 日光山内を見学するなら共通入場券がお得!
日光 共通券 日光東照宮(奥院は別料金)
輪王寺の三仏堂
同じく輪王寺の大猷院
二荒山神社(神苑は別料金)
鳴き龍が聞ける薬師堂(本地蔵)

この5つの共通入場券が1,000円で売っているのだ。
大々的に売られている感じがしなかったので、気付かない人も多いのではないでしょうか。

ちなみに2日間有効です。


つづく…

桶狭間 鬼怒川
ロイヤルホテル
トップ Mail
日光東照宮
(その弐)
今川義元