トップページ > 長野・山梨旅行 > 寝覚の床 都道府県:長野県
    浦島太郎がおじいさんになった寝覚の床   訪問日…2008年7月19日


2008年7月。真夏の旅行は最初に納涼を兼ねて寝覚の床(ねざめのとこ)にやってきました。
到着する前に晴女さんはある初体験をしました。夜中に出発しているので朝はめちゃくちゃ眠い。
でも寝ちゃいけないと思い歌っていたのだが、歌いながら一瞬眠りにおちました(しかも笑いながら)。ほんの一瞬の出来事です。本当に自分でもビックリしました。

到着時刻は朝の7:30。有料の駐車場を見つけ、そこに駐車(1回500円)します。
こんな時間なので、私たちと1組の家族しかいません。またお土産屋さんも開いていないのだ。

その家族が地元の方に寝覚の床の行き方を聞いています。盗み聞きが得意な晴女さんはその会話を遠くから聞き、その家族と一緒に無料で見れる寝覚の床まで行ったのでした。(もちろん雨男さんも一緒)


 ◆ じっくり見たい寝覚の床
寝覚の床
寝覚の床(国の名勝)
『寝覚』という由来は浦島太郎からきています。
竜宮城から戻った浦島太郎は、ここで玉手箱を開けておじいさんになったそうです。
竜宮城での出来事が『夢』だったように思われ、夢から覚めて現実に戻った…ということから、『寝覚の床』と呼ぶようになりました。
その景勝地は木曽川の流れに寄って岩が浸食されて出来た自然の地形です。

寝覚の床 入口 静かな山の中にエメラルドグリーンに染まった木曽川が心を落ち着かせてくれるのだ。
しかし行った時は、クマとマムシの注意があり、落ち着いて見ることができませんでした。
寝覚の床 景色2 岩の上へ行くと、奥にある浦島堂が見えます。
が、クマとマムシの注意があったので行きませんでした。
ここで景色をちょこっと見て退散してしまいました。
また、時期を改めてゆっくりと見学したいものです。

では長野の100名城高遠城へ行ってみましょうか。
その前に、スタンプを押しに(?)伊那市立高遠町歴史館へ行きましょう…

ふるさと再生 日本の昔ばなし 浦島太郎 ほか [ (アニメーション) ]

価格:2,138円
(2018/3/29 10:36時点)

浦島太郎は、なぜ年をとらなかったか アインシュタインと遊ぶ (祥伝社新書) [ 山下芳樹 ]

価格:799円
(2018/3/29 10:36時点)
感想(2件)



 ◆ 地図&メモ
寝覚の床周辺マップ
 住所…長野県上松町寝覚
 開場時間…なし
 入場料…なし(有料もあり)
 滞在時間…40分

 アクセス…JR中央本線 上松駅から徒歩25分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
浦島太郎


木曽川近辺 小田原日帰り旅行
 TOP MAIL
絵島囲み屋敷


日本全国お宿探し!名鉄観光宿泊予約
全国のホテル・旅館が予約できる予約サイトです。見やすい画面で空室検索も簡単!らくらく予約!