トップページ > 高知旅行 > 中岡慎太郎館 都道府県:高知県
    中岡慎太郎館と生まれた家   訪問日:2015年9月20日

続いては中岡慎太郎の生まれた場所へと向かいます。
途中、見たことのある道を通りましたが、今回の旅行では初の道です。
思い返すと7年半前の最初の旅行で龍河洞へ行った時に通った道でした。2人とも覚えているのがすごいなと思いました。
無事に到着し、まずは資料館、そして生家を見学します。


 ◆ 館近くには生家もあります
中岡慎太郎生家
復元された中岡慎太郎生家(高知県の史跡)
土佐藩士で陸援隊の隊長。
武市半平太の道場に入門し、そのまま土佐勤王党に参加。土佐藩内で起きた尊王攘夷活動の弾圧が始まると、長州藩に脱藩しました。
その後、坂本竜馬と共に脱藩の罪を許され、薩摩藩との同盟に尽力しましたが、坂本竜馬と共に何者かに殺害されてしまいました。

中岡慎太郎館
こちらが中岡慎太郎館
入館料は500円と少し高めです
中岡慎太郎像
館向かいにある中岡慎太郎像
同じ形をしている晴女さん
記念樹
龍馬伝で中岡慎太郎役を演じた上川隆也氏記念樹
晴女
生家に上がり、何かを書いている晴女さん
礎石
生家前の庭には礎石らしきものがありました
恒例写真
礎石と言えば、この恒例写真は外せません


 ◆ 館前の小さな売店でゆずサイダーを買いました
売店
予想以上に商品が置いてありました
ゆずサイダー
1本100円のゆずサイダー

館は名前の通り、中岡慎太郎の生涯について紹介されていました。
中でも晴女さんが印象に残っているのは「ええじゃないか」を3回くらい繰り返していた歌です。気に入ってずっと歌っていました。
続いては雨男さん1人で少し離れた所にある、中岡慎太郎のお墓参りへと向かいます。



 ◆ メモ
 住所:高知県安芸郡北川村柏木140
 開場時間:中岡慎太郎館 9:00~16:30
 入場料:中岡慎太郎館 500円
 滞在時間:1時間

 お土産:ゆずサイダー

 アクセス:ごめん・なはり線奈半利駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2016年11月15日現在


415号線 大日寺(香南市)
 TOP MAIL
中岡慎太郎の墓


【直前予約No.1】トクー!
旅行専門だから安くて当り前!宿泊クーポンも最低価格保証!