トップページ > 岐阜・名古屋旅行 > 名古屋城(その弐) 都道府県:愛知県
    じっくり見学!名古屋城(その弐)   訪問日…2008年11月2日

広い名古屋城。大きな建物や天守閣以外にも遺構がたくさんあります。
二の丸跡
には建物はないが、珍しい遺構を見ることができるのだ。


 ◆ 二の丸をじっくり見学

加藤清正像 南西櫓から二の丸方面へ行くと加藤清正像があります。
この陽気そうな姿は、石垣を運ぶ音頭をとっている姿です。
豊臣秀頼がいる大阪城の備えとして築かれている事に対し、どんな心境で築城にかかわっていたのだろう…と思う雨男さんなのでした。
その反面、清正の偉くなっても先頭に立つという気持ちが雨男さんは気に入っています。

そして晴女さんに恒例の同じポーズでの記念写真を勧めるが、人が多くて恥ずかしいみたいで撮りませんでした。

清洲城 石垣 二の丸の石の一部は清洲城から持ってきた石。
ここ周辺は広場、庭園、ぼたん園など自然がたくさんあります。
暗渠 北暗渠(きた あんきょ)
雨水を引き入れて、石樋を通じて外堀へ雨水を流す…という遺構。
今も堀へ水が流れているそうですよ。
南蛮たたき鉄砲狭間 名古屋城 南蛮たたき鉄砲狭間
二の丸北側にある南蛮たたき鉄砲狭間
その名の通り『南蛮たたき』という製法で作られた鉄砲狭間。
ひざ丈くらいの高さで、寝そべって打つのではないかと思われます。
南蛮たたき鉄砲狭間越しに水堀を眺めてみます。ここから鉄砲を打つと向こうまで届いたのだろうか?
それくらいの距離でした。

北暗渠と南蛮たたき鉄砲狭間はあまり見かけない遺構なので要チェックです。
埋御門跡 礎石 石碑が立派な埋御門跡


 ◆ 二の丸と本丸をつなぐ2つ目の現存門
旧二の丸東二之門
旧二の丸東二之門(国重文)
工事中でくぐれず、グルッと回って反対側へ
清正石
その先の正面にある大きな清正石
清正石という名前だが、実際ここの石垣担当は黒田長政だったとか


 ◆ 清正石付近の石垣には刻印石がたくさん!
名古屋城 石垣 探さなくてもすぐ見つかるくらい、いっぱいあります。
はたして何種類の刻印があるのだろうか…

このあと、ようやく天守閣の中に入ります。
つづく…
刻印石
名古屋城 刻印石

図説日本100名城の歩き方 (ふくろうの本) [ 小和田哲男 ]

価格:1,944円
(2018/4/9 10:52時点)
感想(1件)

名古屋城

価格:2,160円
(2018/4/9 10:53時点)
感想(3件)



 ◆ 地図&メモ
名古屋城 アクセス
 住所…愛知県名古屋市中区本丸1-1
 開場時間…9:00〜16:30
 入場料…500円
 滞在時間…2時間半

 お土産…ポストカード、ベビースター名古屋コーチン味
        ういろう、手羽先キティ、しゃちほこキティ

 アクセス…市営地下鉄名城線市役所駅から徒歩5分
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有


名古屋城(その壱)
 TOP MAIL
名古屋城(その参)


安心・お得なJTB国内宿泊は、全国約5000軒の旅館・ホテルを用意!愛知 100名城
国内旅行・ツアーを探すなら、JTB国内宿泊予約へ。