トップページ > 北陸旅行 > 長町武家屋敷跡 都道府県:石川県
  加賀の城下町 長町武家屋敷を探索   訪問日…2008年8月15日
兼六園を出て、長町武家屋敷跡にやってきました。
駐車場は4ヶ所くらいちらばっているので、見つけられると思います。ただ、この辺りは一方通行が多いので気をつけないといけません。
長町武家屋敷跡 マップ
メモ メモ
@旧加賀藩士高田家跡
 住所…石川県金沢市長町2-6-1
 開場時間…9:30〜17:00
 入場料…なし
 滞在時間…10分

A足軽資料館
 住所…石川県金沢市長町1-9-3
 開場時間…9:30〜17:00
 入場料…なし
 滞在時間…20分

 駐車場…近くの駐車場(有料)
 トイレ…有

武家屋敷 野村家 加賀藩1,200石の野村家
前田利家に仕え、以後廃藩まで前田家に仕えた野村家。
11代にわたり御馬廻組組頭を務めた家柄なのだ。

1843年築の上段の間などが残る武家屋敷を代表する家なのだが、素通りして目的の場所へ向かいます。

(開場時間…8:30〜17:30 入場料 500円)

武家屋敷 高田家 続いて高田家へ。
こっちは無料で見れるので立ち寄ってみました。
中級武士(高田家)の長屋門(金沢市指定保存建造物)が修復され、残っています。

武家屋敷を流れる大野庄用水を使った庭園も必見。
馬屋 高田家長屋門の中。
馬屋なので馬のポーズをしている晴女さん。
人がいなかったのでこんなポーズも出来るのだ。

足軽資料館 そして雨男さんのお目当ての場所、足軽資料館に到着。

足軽(下級武士)の暮らしをメインに紹介している資料館。
数年前まで実際に暮らしていた清水家高西家の屋敷を(無料で)見ることができます。

足軽に着目した資料館。
ぜひ行ってみたかったところなのだ。

中には生活感あふれる品々が展示されています。
足軽資料館 中 古民家の中 畳
あま こちらはあま
屋根裏を利用して物置や薪置き場として活用していた場所。
家によっては畳を敷き、部屋としても使われていたそうです。
昔の人は物を大事にしていた…とよく聞くが、空間も無駄なく使っていたようですね。
和物 イラスト

大野庄用水 武家屋敷に沿ってを勢いよく流れている水は大野庄用水

400年前に造られた金沢で一番古い用水。
生活上の水、物資運搬、防火など加賀百万石を陰ながら支えた多目的用水です。
長町武家屋敷 最後にエアコンが効いている休憩館でひと休み。
もう少し長居したかった長町武家屋敷。1〜2時間あればゆっくりと見どころを押さえられるかもしれません。(今となっては遅いが)

このあとはホテルがある高岡市まで戻り、日本三大大仏
高岡大仏を見に行きましょう。
→ 北陸旅行TOPページへ トップ Mail