トップページ > 東北旅行 > 毛越寺(その弐) 都道府県:岩手県
    特別二重指定の毛越寺(その弐)   訪問日…2009年8月14日
東北旅行
毛越寺庭園中央にある大泉が池をグルッと回るように境内を見学。
跡地やら植物やら珍しい遺構などいろんなものが登場します。ある意味、面白い境内です。

 ◆ 大泉が池周辺の見どころ
築山
岩を積み上げて造った築山
アヤメ
明治神宮から摂取してきたアヤメ園
開山堂
藤原三代(清衡・基衡・秀衡)の肖像画を安置している開山堂
覗き込むように肖像画を見ることができる
嘉祥寺
開山堂北側にある嘉祥寺跡
東側の礎石に火割れがあり、火災があったことがわかっている
講堂跡
講堂跡
礎石が完全な状態の残っているとか
回廊跡
回廊跡
芝生に礎石が点在している
大金堂円隆寺跡
かつて毛越寺の中心的存在だった大金堂円隆寺跡
鐘楼跡
鐘楼跡


 ◆ 平安時代の姿をそのまま残している遣水(やりみず)
遣水 平安時代
遣水とは山水を池(大泉が池)に取り入れるための水路のこと。
底に玉石を敷き詰め、水を流しています。水路周辺には四季折々の草花を植え、楽しんでいたとか。
平安時代の完全な遺構として日本で唯一の遺構なのだ。

中尊寺・毛越寺 (JTBキャンブックス) [ 田中昭三 ]

価格:1,836円
(2018/4/13 11:10時点)
感想(3件)

都市平泉の遺産 (日本史リブレット) [ 入間田宣夫 ]

価格:864円
(2018/4/13 11:11時点)



 ◆ 大泉が池周辺の見どころ その2
常行堂
仙台藩主伊達吉村が再建した常行堂(1732年築)
跡地
再建前の常行堂の礎石
香取正彦
人間国宝、香取正彦氏作の鐘楼
東門跡
東門跡

インパクトが残る建築物などはないが、マニアックな遺構が盛りだくさんでした。
歴史好きな人にはたまらない場所なのではないだろうか。
ただ、そういった豆知識をあらかじめ学習しておかないと楽しさも半減してしまう気がします。
雨男さんも遣水や藤原三代の肖像画、完全な状態で残っている礎石など、楽しんでいました。

桶狭間 毛越寺(その壱)
トップ Mail
観自在王院庭園 今川義元

高速バスの快適・お得・便利な旅は高速バスドットコムで!毛超寺
高速バス・夜行バスを常時1,000便以上の中からカンタン検索&予約!ポイント還元制度で、格安の高速バスがもっとお得に!
平らに開くことが出来るフォトアルバムなら「フジフォトアルバム」
ネットで簡単にフォトアルバム作成!「フジフォトアルバム」