トップページ > 愛媛旅行 > 松山城(その壱) 都道府県:愛媛県
    現存天守が残る松山城へ(その壱)   訪問日:2015年5月3日

旅行2日目。予定では午後に訪れる松山城だったが、雨予報だったので雨が降る前に行くことにしました。
お城周辺にはパーキングしかありません。しかもほとんどの駐車場が満車。
幸い1台空いている駐車場を見つけたのでそこに止めます。100名城スタンプ帳を持ってお城へ向かいます。


 ◆ 現存と復元が共有しているお城です
松山城天守閣
松山城(1854年築 国重文)
加藤嘉明が関ヶ原の戦いの戦功により伊予20万石を与えられ、築城したお城。
江戸時代中期、落雷により焼失するも幕末に再建したものが現在の天守閣。
天守閣の他、櫓や門が多く現存し、また再建建物が多くあり、2009年のミシュラン観光版日本編で2つ星に選定されました。城跡は
国の史跡に指定されています。

加藤嘉明像
ロープウェイ乗り場近くにある加藤嘉明像
賤ヶ岳7本槍の1人
ロープウェイ乗り場
ロープウェイ乗り場
帰りは外まで行列ができていました
リフト
ロープウェイではなくリフトでお城へ向かいます
松山城 石垣
リフトを降りると立派な石垣が登場
石垣
さっそく晴女さんが登り始めます
石垣
お城らしい景色です
待合番所跡
待合番所跡
無戸門
無戸門(国重文)で晴女さん恒例写真
文化財
文化財チェック入ります
天守閣
天守閣が見えてきました
筒井門
再建された筒井門
隠門
筒井門の奥に隠門があるのです

松山城 スタンプ ロープウェイ乗り場ではロープウェイとリフト、どちらでも上に行けます。私たちは空いているリフトで上に行きます。
上に着き、そこから天守閣へは約10分。さっそく登場する石垣を雨男さんはひたすら撮影します。
その雨男さんを横目に、ほとんどの人が石垣を素通りしていきます。その光景を見て晴女さんは、雨男さんにしか見てもらえない石垣をかわいそうに思ったのでした。
しばらくすると、次々と現存&復元建物が登場します。天守閣まであと少し。晴女さんは頑張って歩きます。

日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ) [ 福代徹 ]

価格:1,620円
(2018/3/14 11:24時点)
感想(138件)

桜うづまき 松山城ゴールド 40度720ml箱入り

価格:2,109円
(2018/3/14 11:25時点)



 ◆ メモ
 住所:愛媛県松山市丸之内
 開場時間:2~7がつ 9:00~17:00
 入場料:1,020円(ロープウェイ、天守閣)
 滞在時間:2時間

 お土産:伊予柑キティ、伊予柑羊羹、伯方の塩羊羹
      伊予柑サイダー、ミカン餅、一六タルト

 アクセス:伊予鉄道 大街道駅から徒歩5分
 駐車場:近くのパーキング

 トイレ:有
2016年6月4日現在


415号線 脇屋義助の墓
 TOP MAIL
松山城(その弐)


当日予約OKのバス予約ならヨヤクトル
最安値の路線を探せるのはもちろん、バスタイプ別や、女性専用の高速バスなどからも検索することが可能です。