トップページ > 仙台旅行 > 瑞巌寺(松島町) 都道府県:宮城県
    松島めぐり -瑞巌寺編-   訪問日…2010年9月17日


石田屋で牡蠣を満喫し、午後の観光を始めます。
五大堂向かいにある瑞巌寺へ。伊達政宗が復興させた松島屈指の観光スポットです。
ちなみに専用駐車場は無いので、周辺の有料駐車場を利用するしかありません。


 ◆ 国宝が残る瑞巌寺
瑞巌寺
瑞巌寺(ずいがんじ)
828年、円仁が創建し、当初は延福寺という寺名でした。
その後、鎌倉幕府執権北条時頼が円福寺と改名し、さらに瑞巌寺と何度も寺名が変わったお寺なのです。
現在の伽藍は伊達政宗が師匠虎哉禅師の勧めで造営したもの。
平泉の中尊寺毛越寺、山形県の立石寺と共に
四寺廻廊という巡礼コースがあります。


 ◆ 国宝の本堂がまさかの…
総門
瑞巌寺入口の総門(1609年築)
宮城県の文化財
に指定されている
灯籠
総門の奥にある燈籠
古そうな雰囲気が漂っている
参道
木々のマイナスイオンを吸いながら参道を歩く
結構長い
登竜門
3つある本堂の門
その1つ、家臣たちが利用する
登竜門

平成の大修理 なんと国宝である本堂(1609年築)がまさかの修理中。
そして本堂の残り2つの門、
中門御成門も見ることができませんでした。

その代わりに
庫裏(国宝)大書院の中が特別公開されていました。
損したような得したような気分で庫裏を見学します。
何かを警戒しているのか、警備員が立っていました。

ちなみに修理は2016年3月までを予定しているみたいです。


 ◆ 庫裏(国宝)とその他の見どころ
国宝 庫裏
こちらが国宝庫裏(1609年築)
普段、本堂に安置されている御本尊などもありました
煙出し
庫裏に入る前に、こちらをチェック
煙出しという換気口だ
法身窟
北条時頼法身禅師が出会った法身窟
青龍殿
最後は青龍殿(宝物館)へ

青龍殿には創建者円仁ゆかりのものから仙台藩主伊達家のものまで幅広い品々がズラリ。
中でも独眼流(片目)で有名な伊達政宗の両目がある木造(1652年作)は必見だ。これは政宗の27回忌の時に夫人が27歳の時の姿を造らせたものだとか。非常に珍しい木造です。

またこの他、政宗の正室である愛姫の墓堂(写真撮影禁止)のお堂も特別公開されていました。
こちらも本殿修理中の公開みたいです。ちなみに1660年に孫の伊達綱宗が建てた
宮城県指定文化財です。

本堂の修理が終わり、再訪したら瑞巌寺の国宝を網羅したことになります。
そう考えると、今回の特別公開は運が良かったのでは…と思った雨男さんなのでした。

【伝統の銘酒 浦霞】純米吟醸酒 浦霞禅 720ml(箱入) 【限定:瑞巌寺モデルも選べます!】〜端麗ななかにも旨味が感じられるお酒 宮城の土産に地酒をどうぞ〜

価格:2,333円
(2018/5/10 10:20時点)

フジミ模型 建物モデルシリーズ No.23 瑞巌寺 五大堂

価格:1,086円
(2018/5/10 10:22時点)



 ◆ 地図&メモ
瑞巌寺 アクセス
 住所…宮城県宮城郡松島町松島町内91
 開場時間…8:00〜17:00(月により閉門時間が様々)
 入場料…700円
 滞在時間…45分

 アクセス…JR仙石線 松島海岸駅から徒歩5分
 駐車場…松島専用駐車場(有料)

 トイレ…有
2014年3月29日現在
社寺めぐり


415号線 石田屋(松島町)
 TOP MAIL
洞窟遺跡群(松島町)


国内旅行予約は るるぶトラベル!国宝 指定文化財
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。便利なビジネスホテルから一度は泊まりたい高級旅館まで掲載。
格安航空券予約サイト─エアータウンで快適な帰省の旅!
国内格安航空券ならエアータウン!直前予約OK!