トップページ > 能登旅行 > 万行遺跡 都道府県:石川県
    草むらだった万行遺跡   訪問日:2014年8月16日

お腹がいっぱいになったところで、七尾観光を再開。午後一番は万行遺跡という国の遺跡です。
大体の場所を把握し、遺跡を探します。それらしい看板を見つけましたが、全く違う看板でした。
なんだよと思い進むと、今度は本物の看板を発見。駐車場が無いので、晴女さんが車内で待機し、雨男さん1人で見学します。


 ◆ 雨の中の遺跡見学
万行遺跡
万行遺跡(国の史跡)
弥生時代後期から古墳時代前期を中心とする遺構が多く発見された遺跡。
中でも古墳時代の大型堀立柱建物群の40cm柱穴が注目されています。
建物群を中心とする一帯は
国の史跡に指定されています。

国の史跡
この看板が無いと素通りしそうです
万行遺跡
一面の草むらです

雨男さんが外に出ると、雨が降ってきました。さすが雨男さん。
しかし雨男さんは雨を全く気にせず、跡地を歩いています。しばらくして濡れた雨男さんが帰ってきました。
予定では、これで観光終了でしたが、時間がまだたくさんあったので、カーナビで観光地を探し、近くの須曽蝦夷穴古墳へ行くことにします。



 ◆ メモ
 住所:石川県七尾市万行町
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:5分

 アクセス:JR七尾線、のと鉄道 七尾駅からバスorタクシー
 駐車場:遺跡前に停車(晴女さんが車内で待機)

 トイレ:無
2016年5月7日現在


415号線 能登食祭市場
 TOP MAIL
須曽蝦夷穴古墳


クラブツーリズム テーマ旅行
添乗員付きツアーや仲間と楽しむテーマの旅などオリジナリティの高いツアーを数多く提供!