トップページ > 高知旅行 > 旧山内家下屋敷長屋 都道府県:高知県
    ホテルの敷地内にある旧山内家下屋敷長屋   訪問日:2015年9月21日

山内神社東参道からすぐ近く。三翠園というホテルの一角にある長屋へ行きました。
さっきの結婚式の人たちは、ここから山内神社へ移動して来たっぽいです。
ホテルの敷地内に入り、下屋敷を見学できます。


 ◆ 山内容堂邸跡前にある詰所
旧山内家下屋敷長屋
旧山内家下屋敷長屋<1665年築 国重文)
1665年、山内豊範の時に完成した長屋。
幕末の藩主山内容堂の下屋敷として、足軽たちの詰所として機能していました。
これだけの規模の長屋は全国的にも貴重だそうです。

下屋敷長屋
道路側から見た下屋敷長屋
三翠園
ホテルの入口にもなっています
かずとよくん
初代藩主かずとよくんがお出迎え
ちよちゃん
妻、ちよちゃんも一緒でした
旧山内家下屋敷長屋展示館
結構立派な長屋です
長屋
中は綺麗に整備されています
晴女
晴女さん(149cm)でも届く高さです
国重文
資料も多く展示されています
展示品
何かを見ている晴女さん
山内容堂公邸跡
ホテル前の公園は山内容堂公邸跡でした

予想以上の大きさと部屋数でした。2階もあり、色んな資料が展示されていました。
お馴染みの幕末の藩士たちの紹介もあり、予想以上の見応えがありました。



 ◆ メモ
 住所:高知県高知市鷹匠町1-3-35
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:10分

 アクセス:土佐電鉄 都庁前電停から徒歩5分
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2016年12月日3現在


415号線 山内神社
 TOP MAIL
板垣退助誕生の地


Yahoo!トラベル
人気スポットをめぐる旅、旬の味覚を楽しむ旅など豊富なラインアップ。