トップページ > 東北旅行 > 櫛引八幡宮 都道府県:青森県
    青森の国宝がある櫛引八幡宮へ   訪問日…2009年8月13日


根城から車で約10分、櫛引八幡宮に到着。カーナビ通りに行ったら裏に案内されたので境内の駐車場に辿り着くのに一苦労。
さっそく青森の国宝とその他の文化財を見学します。

 ◆ ○戸の祖の父が創建した櫛引八幡宮
櫛引八幡宮
巨木が並ぶ参道。神聖な雰囲気が漂っている。奥に見える鳥居の前が駐車場
櫛引八幡宮は1191年に南部光行(1165-1236年)が創建したと伝わる八幡宮です。
南部光行は源頼朝に仕え、石橋山の戦いや奥州合戦で武功を挙げ、頼朝よりこの地を与えられました。
その後、光行はほとんど鎌倉に在住していたが、6人の息子たちがこの地の後を継ぎ、
それぞれ一戸・三戸・七戸・四戸・八戸・九戸の祖となっています。
この櫛引八幡宮には
国宝に指定されている鎌倉時代と南北朝時代の鎧があり、境内には国の重要文化財の建築物がズラリと並んでいる見どころある八幡宮なのだ。


 ◆ 国重文だらけの境内と国宝館にある国宝
櫛引八幡宮 境内
境内は無料で見学できる
正門
正門(1648年築 国重文)
櫛引八幡宮 拝殿 再建
 拝殿(1984年再建)
長所
長所はかつての拝殿(1648年築 国重文)です
春日社
拝殿横にある春日社(1739年築 国重文)

続いて国宝館へ。この国宝館は有料なのだ。
ちょうど中には誰もいなくて私たちのみ。国宝の鎧をはじめ、その他の展示品を独占状態です。
やっぱり目がいってしまうのは国宝の鎧。
赤糸縅鎧(鎌倉時代 国宝)白糸縅褄取鎧(南北朝時代 国宝)の2点だ。
360度見渡せるように展示されており、きれいな鎧でした。晴女さんも珍しく音声案内を聞きながら見入っています。
どうやら鎧の『附唐櫃(つけたりからびつ)』という言葉が気に入ったようです。このあと何回口にしたであろうこの言葉。
イントネーションが良いらしく、相当気に入ったようです。(3年以上経った今でも、言っているくらいですから)
お互い、別の意味で満足し、国宝館を後にしました。

五月人形 兜 収納 飾り 雄山作 南北朝時代 菊一文字之兜 櫛引八幡宮所蔵模写h265-mi-yu-57001【2018年度新作】

価格:189,990円
(2018/4/13 10:53時点)

五月人形 久月 鎧 飾り中村宗光作 国宝 伝南部光経奉納 櫛引八幡宮所蔵模写 1/3 正絹白糸褄取縅大鎧 金小札 h305-k-62338 K-60 【2018年度新作鎧飾り】

価格:486,000円
(2018/4/13 10:55時点)



 ◆ 1つだけ雰囲気の違う建物が…
明治記念館 県内最古の洋風建物(1881年築 青森県指定文化財)

明治天皇の行在所として使用され、昭和期は図書館、
今は明治記念館として使われています。
何か展示されているのかは不明…

このあとは八戸駅でお買い物です。


 ◆ 地図&メモ
櫛引八幡宮 アクセス
 住所…青森県八戸市八幡八幡丁3
 開場時間…国宝館 9:00〜17:00
 入場料…国宝館 400円

 滞在時間…45分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
セコムの食国宝 鎧


根城(その弐)
 TOP MAIL
八戸駅


車の中に泊まって快適&節約旅行!
車中泊グッズが満載!初心者からベテランまで快適車中泊! 車中泊専用マットや バッテリー太陽光発電システムまで幅広くラインナップ!
ビジネス、高級旅館!国内宿泊なら、るるぶトラベル!
国内旅行は、るるぶトラベルで!検索ラクラク、安心予約。価格もお得!