トップページ > 岡山旅行 > 後楽園(その弐) 都道府県:岡山県
    2度目の日本三名園、後楽園(その弐)   訪問日:2013年8月16日

本当に暑い日です。日陰に入りつつ、広い園内を探索します。
前回(2008年4月)にちょこっとだけ見た場所にも立ち寄り、懐かしさも込み上げてきました。


 ◆ 後楽園は見どころがいっぱい
茶畑
茶畑
ここで出来たお茶を藩主が飲んでいたそうです
千入の森
千入の森
築園時の名称で『ちしおのもり』と読みます
茶祖堂
正門から見て一番奥にある茶祖堂
家老屋敷にあった
利休堂を移築してきたもの
中の島
数少ない前回の写真にも残っている中の島
柵があり、お堂へは行けません
流店
流店で一休み
ここであのおひとり様女性と再会
足水
足湯ならぬ足水?
冷たい水でした
唯心山
疲れを取って唯心山
後楽園
ここから眺める後楽園は良かった
廉池軒
戦火から免れた廉池軒
池田綱政のお気に入りの場所だったとか
茂松庵
藩主が茶を飲んでいた茂松庵
戦後、最初に復元されました
延養亭
延養亭能舞台
岡山城
橋を渡って岡山城を見学します

白桃ソフトクリーム 2度目の後楽園。しっかりと見学でき、満足しました。
これで自信を持って
日本三名園を制覇したと言えるでしょう。

後楽園と岡山城の間(橋を渡る前)に売店が何軒かあります。
その中で、
白桃ソフトクリームを発見。お店の人に声をかけられたが、晴女さんはお城を見た後、かき氷を食べるつもりだったらしく、断りました。
しかし、雨男さんが「両方食べればいいじゃん」的なことを言ったため、
白桃ソフトクリームを食べました。
その時、お店の人に「折れたのね」みたいな事を言われた晴女さんなのでした。

清水白桃半割り果実ゼリー(6個入)木箱入

価格:5,400円
(2018/2/13 10:44時点)
感想(95件)

岡山実りの国から 白桃妃 500ml【丸本酒造/岡山】

価格:1,944円
(2018/2/13 10:45時点)



 ◆ メモ
 住所:岡山県岡山市北区後楽園1-5
 開場時間:3/20~9/30 7:30~18:00(他 8:00~17:00~
 入場料:560円(岡山城共通券)
 滞在時間:2時間半(岡山城含む)

 アクセス:JR各線 岡山駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(有料)

 トイレ:有
2015年11月3日現在


415号線 後楽園(その壱)
 TOP MAIL
岡山城(その壱)


後楽園 滞在時間【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!
国内の宿・ホテル・旅館の宿泊予約を、目的地・テーマ・こだわり条件でご紹介。簡単に オンラインで検索・比較、当日でも予約可能。