トップページ > 仙台旅行 > 光明寺(仙台市) 都道府県:宮城県
    北山五山の1つ光明寺   訪問日…2010年9月19日


輪王寺から歩くこと10分弱、続いての北山五山、光明寺にやってきました。
ここは政宗の家臣でヨーロッパに渡った支倉常長が眠っているお寺なのです。
ちなみに支倉常長がヨーロッパから持ち帰った品々(ほとんどが国宝)は仙台城にある仙台市立博物館に展示されています。


 ◆ 支倉常長とルイス・ソテロが眠る光明寺
光明寺
光明寺
光明寺の創建は古く、1283年に伊達家の始祖伊達朝宗夫人の菩提寺として創建されました。当時は現在の福島県伊達郡にありましたが、伊達家の仙台移封と共に、ここに移ってきたそうです。境内には支倉常長や常長をヨーロッパに案内したルイス・ソテロの記念碑などがあります。

仙台 光明寺
境内へ続く石段
晴女さんの天敵です
本堂
本堂
ひっそり静まった境内


 ◆ 墓地の中に支倉常長が眠っていました
支倉常長の墓 支倉常長の墓

支倉常長(1571-1622年)は伊達政宗の家臣。
文禄・慶長の役に従軍し、鉄砲隊を率いて活躍しました。1613年、政宗の命を受け、ソテロを案内人としてヨーロッパへ渡ります。ローマ教皇パウルス5世に謁見するなど、各地を回り、1620年に帰国。
帰国後、日本では禁教令が発令されており、失意のうちに病死しました。
ソテロのお墓 常長のお墓の脇にあるルイス・ソテロの記念碑

ルイス・ソテロ(1574-1624年)はフランシスコ会宣教師。
フィリピンで日本語を学び、1603年、フィリピン総督の書簡を携えて徳川家康・秀忠と面会し、日本での布教活動を行いました。禁教令後、捕えられるが伊達政宗の助命により救われ、支倉常長と共にヨーロッパに渡りました。
1624年、日本に密入国したが捕えられ火刑により亡くなります。


 ◆ 残りの北山五山(一部)と青葉神社
東昌寺
素通りした東昌寺
晴女さんのやる気ない写真と一緒院入口だけ撮影
青葉神社
北山五山と並んでいる青葉神社
1874年創建で政宗を祀った神社です

北山五山のうち、見学したのは2寺のみ。
東昌寺の前を通った時は、中に入りたそうな雨男さんでしたが、晴女さんの無言の反対を感じ、断念しました。
ただお目当てだったのは政宗の母と支倉常長・&ソテロのお墓だったので、雨男さんは満足したようです。
この後は仙台市を出て、竹駒神社へと向かいます。

支倉常長遣欧使節もうひとつの遺産 その旅路と日本姓スペイン人たち [ 太田尚樹 ]

価格:1,728円
(2018/5/14 10:51時点)

【送料無料】仙台味噌詰め合わせ(仙台みそ500gx2、仙台あらごしみそ300gx1)【同梱配送不可】【代引き不可】【沖縄・離島配送不可】

価格:3,270円
(2018/5/14 10:52時点)



 ◆ メモ
 住所…宮城県仙台市青葉区3-1
 開場時間…なし
 入場料…なし
 滞在時間…15分

 アクセス…JR仙山線 北仙台駅から徒歩15分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
2014年4月30日現在


415号線 覚範寺(仙台市)
 TOP MAIL
竹駒神社


お墓参り【じゃらん】 東北のホテル・宿の予約
国内の宿・ホテル・旅館の宿泊予約を、目的地・テーマ・こだわり条件でご紹介。簡単に オンラインで検索・比較、当日でも予約可能。
選べるシート・時間で夜行も安心! 安全快適なお得な高速バス-当日予約OK
業界最多!全国約250路線の600以上の便から深夜高速バスを一発検索可能。