トップページ > 四国旅行 > 好古園   都道府県:兵庫県
 武家屋敷の遺構を活かして造られた好古園   訪問日…2008年4月2日

 ◆ 千姫の小径を発見!
 千姫天満宮から姫路城に戻る途中、雨男さんが見たかった千姫の小径(こみち)を晴女さんが発見。 
千姫の小径
姫路城と好古園の間にある小さな散歩道。

「普通の道じゃん。これのどういう所が見たかったのかしら?」

と、晴女さんは疑問を感じながら歩いていたが、
桜とお城を見ながら歩く最高の散歩道なのだ。

桜を見ながら歩き、姫路城と好古園の入口近くまで戻ってきました。
晴女さんはブーツを履いていたので、足が痛くなってきたようです。

晴女さんは知らなかったが、実は好古園と姫路城の共通入場券を買ったのだ。
好古園に入ることを知ると「まだ歩くのかよ」と文句を言いながら好古園へ入ります。
(文句を言いながらもちゃんと入るってエライでしょ?)


 ◆ 姫路市制100周年を記念して造られた好古園
 好古園は国の特別史跡に指定されている武家屋敷西御屋敷跡の遺構を活かして造られている日本庭園。
 『花の庭』『茶の庭』などカテゴリー別に区切られ、見やすい造りになっています。
好古園 案内図
 姫路城をバックに落ち着く風景が盛りだくさん!
御屋敷の庭 好古園 写真
好古園 好古園
姫路城とセットで見学する方も多く、団体さんも何組か見かけました。

中には外国の団体さんも。
その団体さんが集合写真を撮り始めていたので「邪魔しちゃ悪い」と思い、撮り終わるまで待っていました。
普通なら「ありがとう」の一言くらいあるはずなのだが、そんな気配は全くなく、彼らは去って行きました。
「やっぱり文化が違うとそういうのも違うのかな」と勝手に解釈し、庭園をさらに見学します。


 ◆ 出入り口で『366日 誕生花の一覧表』を発見!
花 イラスト 『366日 誕生花の一覧表』
さっそく私たちの花言葉を見てみると…

 晴女さん … アイスランドポピー 花言葉は『慰め・やすらぎ』
 雨男さん … ひよどりばな 花言葉は『清楚な心』   という結果。

これを見た雨男さんは「絶対違うよ」と鼻で笑って立ち去り、
晴女さんは「どこが清楚?」と、疑いの眼差しで雨男さんを見ます。
お互い、全く違ったということだ。 


 ◆ 但馬限定 ご当地キティを購入!
こうのとりキティ
こうのとりキティ
最後に駐車場隣にあったお土産屋さんをのぞきます。
目的はもちろんご当地キティの購入!
晴女さんはあまり地理が得意ではないので『姫路』と書いていないとわかりません。
ご当地名を探していると、その中に『但馬限定』というキティがありました。

「一体これは何処?」

雨男さんに聞くと「ここのことだよ」と言われ、これに決定。
こうのとりキティを買いました。これで心おきなく次へ向かえます。

ハローキティBOXご当地キティ完全カタログ [ 限定キティ保護者会 ]

価格:1,728円
(2014/5/13 10:47時点)
感想(68件)



 ◆ 地図&メモ
好古園 周辺マップ  住所…兵庫県姫路市本町68
 開場時間…9:00〜17:00
        ※季節により延長あり
 入場料…720円(好古園共通入場券)
 滞在時間…40分

 お土産…ポストカード、こうのとりキティ

 駐車場…追手門駐車場(有料)
 トイレ…有

桶狭間 千姫天満宮
トップ Mail
岡山城 今川義元